たびタビ旅
旅日記。中南米、アジアなどの2年4ヶ月半の旅。

<< 孤島 | main | 鮫料理 >>

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |


あなたはモアイを知っているだろうか。
モアイとは、そう、イースター島にある人間の形をした巨大な石像だ。
そんなこと改めて言われなくても知ってるよ、と言われるかもしれない。
ほりの深い顔をした石像だろ、何度もテレビや雑誌で見たよ、と。
しかし、それではあなたは本当のモアイを知っていることにはならない。
モアイには、ちゃんと目があって、しかも帽子までかぶっているのだ!
実に神秘性のない、どこにでもいるおじさんの様な顔をしているのだ!
いやー驚いた。
えっ、そんなことは知っている?

ここには博物館があり、イースター島の歴史、モアイの事が日本語の解説を読みながら知ることができるのだ。
僕はここで更に驚くべき事実を知ることとなった。
モアイが作られたのは勝手に2,3000年もの昔ではないかと思っていたのだが、実はイースター島に人が住み始めたのも西暦500年くらいの話で、モアイも500年くらい前まで作られていたらしい。
そんなに古い物ではないのだ。
日本で言うと戦国時代くらいか。
そして、未だ解読できない文字も、西洋文明が初めてイースター島を発見した時、そこに住む住民が普通に使っていたものなのだが、書き方、読み方の分かる人を全員奴隷として連れ去ってしまったため誰も読める人がいなくなってしまったらしい。
そんな訳で、僕が小さい頃に雑誌などで読んだ宇宙人説とかは全くのデタラメらしい。
普通の人達が普通に暮らしてきただけなのだ。

と言っても、モアイの価値が下がる訳でもない。
こんな大きな海の中にポツンとある小島にたたずむその姿はやはり不思議で愛嬌がある。
誰か日本にもたくさんあるモアイ像のレプリカ達にも、目玉や帽子をつけてくれないかなぁー。
| sin | チリ | 05:38 | comments(0) | trackbacks(0) |
| スポンサードリンク | - | 05:38 | - | - |









http://zensin.jugem.jp/trackback/89
(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.


CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS