たびタビ旅
旅日記。中南米、アジアなどの2年4ヶ月半の旅。

<< 飲茶 | main | まったり >>

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |


クアラルンプールからインドネシア、バリに飛行機で移動。
もちろん航空会社はエアアジア。
この航空会社は自由席。
そのため早いもの勝ちで好きなところへ座ることができる。
今回は、乗客の入りも7割程度ということもあり窓際の席に座ることができた。
飛行機の席は長い場合はトイレに行きやすい通路側の席がいいという意見もあるが、僕はやはり外の景色が見えてもたれることのできる窓際の席が好きだ。
でも飛行機の場合、離着陸時以外は雲ばかりであまり景色を楽しめることはないのだか。

しかし、バスの場合は大切になってくる。
前か後ろかというとやはり前の方が良い。
後ろのほうは振動が大きくて乗り心地が良くない。
足元も大切だ。
タイヤの部分が盛り上がっているものもあり、その場合足が伸ばしにくかったり窮屈なことがある。
頭上の空調が壊れていないかも重要なポイントだ。
寒いときに噴出し口を閉めることができない時ほど腹がたつことない。
もちろん一番大切なのは窓側の席だということだ。
長時間の移動で外の景色が眺めることができて、またもたれることもできるというのは快適に過ごすことができる不可欠な要因である。
もちろん窓の柱の部分になる席は避けたい。
そして、意外に大切なのは左右のどちらの席に座るかということだ。
例えば海岸線を走る場合、海側の席のほうが眺めがいいのは当然だ。
あと太陽がどちら側から差し込むかという問題もある。

昔、アメリカをバスで旅していた時のこと。
早めにバスに乗り込みすばやく窓側の席を確保し出発を待っていました。
するとたくさんの子供を引き連れた太った白人のおばちゃんが乗り込んできました。
しばらく席を見渡すと、僕に席を代わってくれと頼んできた。
なんでかなと少し不思議に思いましたが、僕は別に窓際なら問題ないので快く承諾しました。
バスはアメリカ南部の荒野を走り出しました。
しばらくすると窓から焼きつくような太陽の光が差し込んできました。
カーテンもなく空調の効きも悪く暑くて暑くてたまりません。
ふと横を見ると先ほどのおばちゃんは気持ち良さそうに寝ているじゃありませんか。
こいつこれを知ってやがったな。
そう憤るも後の祭り。
到着までの間、サンサンと照りつける太陽に苦しみ続けました。

そういう苦い経験を積み重ねながら、僕もバスに乗り込むと瞬時にバスの進む方向などを考えなるべく良い席に座れるようになってきました。
これも旅の経験ってやつですかね。

そこまで考え、ふと顔をあげ僕の座っている逆側の窓に目をやると真っ赤な綺麗な夕焼けが見えているじゃないか。
時間は6時を少し回った頃。
そうか飛行機でも夕焼けというものがあったか。
僕の席側の窓から外を見ても薄暗い中に雲が見えるだけ。
まだまだ僕も修行が足りません。

| sin | インドネシア | 17:14 | comments(2) | trackbacks(0) |
| スポンサードリンク | - | 17:14 | - | - |
乗り物では前後左右の奴も気になるります。
昔、バスで後ろの奴(子供)が途中ゲロッて、座席下に突っ込んでたバックパックに被害が及んだのをまだ忘れられません。
この前、出張中に隣の若者が着陸と同時にゲロって、機内食のトマトがそのまま私のスーツへ。
汚いネタばかりで失敬。
出張中は出会いなんて求めて無いので、周りの連中が皆敵に見えてます。心が狭くりました。
| Toru | 2006/10/13 8:59 AM |
ロンボク島〜バリ島間のフェリーの中でインドネシア人ゲロ吐きまくり。
インドネシア人は乗り物に弱いのかな。
旅にゲロ、ウンコ話(失礼)はつきものですな。
| | 2006/10/19 12:53 PM |









http://zensin.jugem.jp/trackback/63
(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.


CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS