たびタビ旅
旅日記。中南米、アジアなどの2年4ヶ月半の旅。

<< 帰国 | main | ただいま >>

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |

 
福岡で一晩過ごした翌日、バスで宮崎に移動。
僕は兵庫県で暮らしていたのですが、宮崎には84歳の祖母が一人暮らしをしているのです。
ですから、せっかく九州に帰ってきたので、兵庫に帰る前にちょっと宮崎に行ってみることしたのです。
この旅に出る直前にも来たので、およそ2年半ぶりです。
久しぶりに会う祖母は、いつまでも帰ってこないので心配したと少し怒ったように言われましたが、とりあえず無事帰ってきたことを喜んでくれました。
祖母の方も変わりなく元気そうで良かったです。
それでも頭は痛くなるし耳は遠くなるしで首から上はぼろぼろだと嘆きますが、その歳で首から下が問題なければ至って健康でしょうってとりあえず突っ込みを入れときました。

祖母の住んでいる町はなにもない田舎町なので、特にすることはありません。
朝、起きて、祖母の用意してくれる白いご飯と味噌汁、焼き魚とうの朝食(これぞ日本だ〜、涙が出そうなくらい嬉しい。)を食べ、新聞を読んだりテレビを見たりして過ごし、昼はこれまた祖母が用意してくれた昼食を食べ、その後、近所を腹ごなしがてら散歩したり本を読んだりし、そして、夕方には近くの銭湯でゆっくりと湯舟につかり、夕飯はまたまた祖母が用意してくれた夕食を食べたり、外の食堂に祖母と食べに行ったりします。
なんとだらだらとした日々。
そして、84歳の祖母に面倒をみてもらう36歳のおっさんの僕‥‥。
って、反対だろ、反対!!
おばあちゃん、もうちょっと、もうちょっと、本当にもうちょっとだけ待ってて下さい。
もう少ししたら頑張って稼いで、必ずやおばあちゃん孝行いたしますよ〜。

それにしても毎日なんもしない日々を過ごしているのですが、本屋に行ったり、テレビを見ているだけで、心うきたつものがあります。
福岡で最初に本屋の紀伊国屋に行き、広いフロアー一面に並べられている本、雑誌類を見たときは思わず涙ぐみそうになったものです。
旅の間、まるで大切な壊れ物のように、大切に大切に噛みしめるように読んできた日本語の本がここにはいくらでもあるのです。
もう、今では読みたい本を好きなだけ読めるのです。
そして、また、本だけでなく漫画もあります。
僕は漫画が好きで、旅に出る前もコミックは買わないものの立ち読みをよくしていました。
普通、漫画は、毎週少しづつしか話が進まないものですが、僕はこの2年4ヶ月の間の分を一気に読めてしまうのです。
ああ〜しばらく漫画喫茶にこもってやる。
考えただけでヨダレがだれてきそうっす。
テレビをつければ、日本語が当たり前のように流れています。
旅中は海外向けNHKがテレビに流れていただけで、これまた噛りつくようにニュースやドキュメンタリーなどを見ていたもんです。
それが今では全てが日本語。
テレビの前に寝l転り、ばかばかしいバラエティーを見ながらしょうもないなと思いつつ笑う、ああぁ、日本だなぁ。

そんな日々を一週間近く送っていたのですが、ちょっとは動かんといかんとなぁと今日は親戚の車を借りてちょっくら出かけることにしました。
助手席には祖母を乗せます。
久しぶりのデートですね。
まず向かう先は青島。
ここは亜熱帯植物が生い茂る周囲約1、5kmの小島。
海岸より橋が架かっていて歩いて渡ることができます。
島の中央部には青島神社もあります。
今日は、11月に入っているというのにかなり暖かく、半袖でも暑いくらいです。
頭上には真っ青な空が広がっています。
いや〜気持ち良いですね。
この緩い感覚、まさしくアジアって感じです。
そう日本もアジアなんです。

青島の次に向かったのは、鵜戸神宮です。
鵜戸岬の突端にある神社です。
神社の駐車場から本殿まではちょっと距離があり歩かなくてはなりません。
最後の方には長い石畳の階段があります。
おばあちゃん、歩くのが大変かなと少し心配しましたが、風景を眺める僕を置いてさっさと先に歩いていってしまう有様でした。
いや〜元気ですね。
本殿は海に面する崖の洞窟の中にありなんとも言えない神秘的な雰囲気です。
もちろんそこからの海の眺めは抜群であります。
また本殿の前の海には亀の形をした大きな岩があり、その背にある枡形の穴に運玉という5個100円で神社で売っている小さな土の塊を、男は左手で、女は右手で願いを込めながら投げ入れ、見事入ったならばその願いが叶うと言われています。
さっそくやってみます。
願いを込めて、まず1個目。
外れます。
そして、2個目。
惜しいけど、外れます。
続いて、3個目。
う〜ん、やっぱり、外れます。
だいぶ後がなくなってきました。
願いを入れ直し、4個目‥‥。
僕の左手から放たれた運玉は綺麗な放物線を描いて、霊石亀岩の背中の穴に向かって落ちていきます。
ぽっちゃ〜ん。
水しぶきをあげ、見事その中に入りました。
よっしゃ〜!!
気持ちいい〜。
これで願いも叶うかな。
願いはもちろん‥‥。
僕が健康でそして金持ちになりますように!!
じゃなくて、おばあちゃんが健康で長生きできますように!!

‥‥‥。

本当ですって!!
| sin | 日本 2 | 10:28 | comments(0) | trackbacks(0) |
| スポンサードリンク | - | 10:28 | - | - |









http://zensin.jugem.jp/trackback/545
(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.


CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS