たびタビ旅
旅日記。中南米、アジアなどの2年4ヶ月半の旅。

<< 地雷 | main | 平和 >>

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |

シェムリアップからカンボジアの首都プノンペンに移動です。
ここの区間の道は7年前にも通ったのですが、それは僕が今まで旅してきた中でも3本の指に入ると言ってもいいほどの悪路でした。
その時はミニバンに乗ったのですが、とにかく道路の凸凹がすさまじい。
車内で体が跳ねまくり、もう早く着いてくれ〜、早く降ろしてくれ〜とほとんど泣きが入ったくらいです。
翌朝、目が覚めると、なんと身体中が筋肉痛になっていたのでした。
しかし、変わっていました。
宿にミニバンが迎えに来て乗り込みます。
そんなに乗客を詰め込んでいなく、ゆったりと座れます。
これでプノンペンに行くのかと思ったのですが、連れて行かれたのはバスターミナル。
そこにはなんと大きなバスが待っているじゃありませんか。
バスはけっこう新しく席もゆったりしています。
う〜ん、こんな大型のバスが走るようになったんだ。
そして、道も完璧に舗装されているます。
プノンペンまでの5時間半の道のり、すごく快適に過ごせました。
カンボジア、進歩しているじゃありませんか。

そして、着いたプノンペン。
やはりカンボジア一の都市ということもあり、建物が立ち並び、たくさんの人、車、バイクなどで賑わっています。
観光の町シェムリアップと違って、庶民の活気あるパワーが満ち溢れています。
屋台もたくさんあり、歩いているだけで心躍ります。
7年前よりもその数は増えているように感じます。
そして、ここで一番変わったこと。
それは夜でも外を歩くことができるということ。
前は、夜8時を過ぎるとそれまで賑わっていた通りが嘘のように静まり返り、人っ子一人いなくなったものでした。
とてもじゃないけど外を歩く気にはなれませんでした。
それが今では、屋台で飯を食う人、トラックから荷物を運び出す人、のんびり涼んでいる人などたくさん人がいるじゃありませんか。
他の国では当たり前のことなのですが、カンボジアもとうとうそのような国になってきたということ。
嬉しいですね。

 

| sin | カンボジア | 23:00 | comments(0) | trackbacks(1) |
| スポンサードリンク | - | 23:00 | - | - |









http://zensin.jugem.jp/trackback/515
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2008/10/17 6:37 PM |
(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.


CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS