たびタビ旅
旅日記。中南米、アジアなどの2年4ヶ月半の旅。

<< カオサン‥‥再び | main | 再会 >>

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |


カオサンから市バスに乗りバンコクの中心街にあるサイアムスクウェア辺りまで出ます。
ここには大型のショッピング施設が立ち並ぶバンコク一のおしゃれな場所です。
ショッピングセンターには高級ブランドの店がたくさんあり、綺麗に着飾った女性が行き交うといった、日本の繁華街と比べても遜色のない発展ぶりです。
のんびりとした田舎を旅するのもいいですが、こうした金を出せばなんでも手に入るといった物質的豊かさにもなんかほっとさせられるものがあります。
問題は、肝心の出すお金があまり無いってことなんですけどね〜。

この辺りを家電製品の店や日本語の本を売っている本屋をのぞいたり、可愛い姉ちゃんをちらちらと見たりしながら歩いたのですが、ここに来た一番の目的は映画を見るということです。
この辺りにはショッピング施設に併設されている映画館がたくさんあるのです。
それらはシネコンになっていて設備も最新式で席もゆったりとしていてかなり優雅な気分を味わえます。
それでいて料金は日本円で300円〜500円くらいとお手軽な値段です。
ここしばらく映画館で映画を見ていなかったのでわくわくします。
見る映画は「ダークナイト」にします。
バットマンシリーズの最新作で、アメリカではタイタニックに続き歴代2位の売り上げを稼ぎ、更に評論家からも大絶賛の嵐という作品だったので、是非とも見たいと思っていたのです。

上映5分くらい前に劇場に入ります。
平日のためかほとんど客はいません。
しばらくすると場内のライトが消され上映が始まります。
そして、ここタイでは映画の本編が流れる前には必ず王室を称える映像が流されます。
その間、観客は立ち上がり敬意を表します。
もちろん僕も立ち上がります。
それにしてもタイの人々は国王のことが大好きです。
国王を称える黄色のTシャツを着た人もたくさん街中で見かけることができます。
多分、世界で一番愛されている王様ではないでしょうか。
国でクーデターなどの問題が起きて混乱しても国王が一言いえば収まってしまうほどです。
タイでは現在でも政治問題を巡りデモなどが起きて混乱していますが、それでもどこかのんびりとした空気が流れ、経済にもあまり影響がないように見えるのは、国王の存在のおかげと言ってもいいかもしれません。
しかし、問題は、次の国王たる息子が対照的に国民に全く人気がないということみたいなのです。
ですからタイの本当の危機は、現在の国王が亡くなった時に起こると言ってもいいかもしれませんね。

映画は評判通りすごくおもしろかったです。
上映時間は2時間半ほどとかなり長いのですが、テンポ良いストーリー展開と迫力あるアクションシーンでぐいぐいと引き込まれました。
ジョーカー役の故ヒースレジャーの鬼気迫る演技もすばらしく、アカデミー賞で助演男優賞を取るのではないかと思います。
また、今回はちょっと奮発してIMAXシアターで見ました。
IMAXシアターで映画を見るというのは初めての経験でしたが、予想以上の画面の大きさ迫力でちょっとびびりました。

いや〜映画館ってやっぱりいいもんですねぇ〜。
| sin | タイ3 | 17:57 | comments(0) | trackbacks(0) |
| スポンサードリンク | - | 17:57 | - | - |









http://zensin.jugem.jp/trackback/504
(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.


CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS