たびタビ旅
旅日記。中南米、アジアなどの2年4ヶ月半の旅。

<< ゆるい | main | こんな日も >>

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |


ルアンパパーンからタイ国境の町フエサイを目指して移動します。
メコン川をスローボートで2日間かけて遡ります。
1日目はパグペンという町まで行き、そこでいったんボートを降りて一泊した後、次の日にフエサイに行くというスケジュールです。
スピードボートと呼ばれるルアンパパーン〜フエサイを7、8時間で一気に行ってしまう物もあるのですが、のんびり景色を眺めながら移動したいというのもありスローボートに乗ることにしたのです。

朝8時頃ボート乗り場に行き、チケットを買い乗り込みます。
スローボートという響きとここはラオスであるということから、かなりおんぼろな船を予想していたのですが、これが意外や意外、結構立派なものでした。
2、30人乗り位でそんなに大きくないものの、屋根もあり(当たり前か?)、席もバスの座席のようなクッション付きの座り心地の良いものでした。
おまけに乗客もほとんどおらず、一人でゆうゆうと2席分使うことができました。
これならいくら時間がかかると言ったってあまり苦ではなさそうです。
ボートは動き出すと船内には涼しい風も吹き抜けます。
そして、揺れもほとんどなく本を読むことさえできます。
両岸に鬱蒼とした緑の木々が生い茂るメコン川の風景眺めながら座っていると、なんとものんびりとしていて快適です。
川岸には所々簡素な家が建っているのが見えます。
ボートは時折そういう所にも停まって、現地の人々が乗り降りします。
しかし、よくこんな何もないような所で生活していけるものだと思います。
住めば都というやつでしょうか。

そんな感じでのんびりとボートの旅を楽しんでいたのですが、なかなかパグペンの町に到着しません。
フエサイからルアンパパーンにスローボートで来た人に訊くと、7時間ほどで着いたと聞いていたので、上りだからもうちょっと時間がかかって8時間くらいで着くのかなと予想していたのすが、8時間経っても9時間経っても到着しません。
こんなに長く乗っていたら最初は興味深く見ていた風景もどうでもよくなるってもんです。
別に遊園地のアトラクションみたいに何かが水の中からザバーッと出てくることもありませんし。
ああ〜暇だ、暇だ。
そして、10時間半経った日も沈み真っ暗な夜の7時、やっとパグペンに到着。
いや〜やっと着きました。
のんびりも疲れるってもんです。
| sin | ラオス | 22:12 | comments(0) | trackbacks(0) |
| スポンサードリンク | - | 22:12 | - | - |









http://zensin.jugem.jp/trackback/499
(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.


CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS