たびタビ旅
旅日記。中南米、アジアなどの2年4ヶ月半の旅。

<< 北京へ!! | main | 抜鉄 >>

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |


今日こそはオリンピックが見たい。
何を見たいか、何がチケットを手に入れやすいか、じっくり考え出た答えは、野球「日本対カナダ」です。
野球を見るのはもともと好きだし、中国ではまだあまり人気がないようだし、これならチケットを手に入るであろう。
試合開始の朝10時半の一時間ほど前に会場に着きます。
やはり一応当日券はあるか確認しますが、やっぱり売り切れとのこと。
しかし、今日はダフ屋がいます。
値段を訊いてみると500元と言ってきます。
ご〜ひゃく〜!!
信じられません、日本円で8000円です。
元の値段はわずか30元(約500円)ですよ。
これは高すぎる。
もっと安くなるはずだと思いますが、そこで会った日本人から衝撃の事実を教えられます。
野球が行われるスタジアムは二つあるのですが、日本対カナダ戦が行われる第二球場は、なんと収容人数が3000人というじゃありませんか。
さんぜんに〜ん!!
オリンピックですよ、日本の高校野球の予選ならまだしも、オリンピックの試合が行われるスタジアムで3000人って、これでいいんですか?
そうなると急にチケットが手に入るかどうか心配になってきます。
3000人くらいなら日本から見に来る人だけでもすぐにいっぱいになってしまうのではないか。
もし、これを見逃してしまうと、本当に僕はオリンピックを観戦できなくなってしまうのでは。
う〜ん、せっかくここまで来たのにあまりけちっても仕方がないか。
そして、結局400元(約6800円)で購入してしまいました。
高け〜な〜。
そして、入場した球場。
そこにはほとんど観客はいません。
まだ試合開始には時間があるからかと思いましたが、いよいよプレイボールという時になってもが〜らがら。
ここは確かオリンピックの試合だったよね、高校野球の予選じゃないよね。
それに、これだけ席が空いているのに当日券はなく、あれだけ高値で売りつけるダフ屋が現れるって、チケットの販売方法がおかしいのではないかという疑問もわいてきます。
やはり400元って払いすぎたのかなぁ。

試合の方は、1対0で勝ちましたが、とにかくフラストレーションがたまる試合でした。
とにかく打たない。
たまにランナーが出たと思ってもダブルプレー。
選手もなにか体が重くだるそうに見える。
こんなんじゃ金メダルは難しいなと思ってしまいました。
でも、とにかく勝ったし、オリンピックを観戦するという目的を果たすことができたので良かったとしましょうか。

そして、夕方にはソフトボール観戦にトライです。
対戦チームはまたしても、「日本対カナダ」。
球場も大きく1万人以上は入るだろうし、今度こそ安くチケットが手に入るであろうし、手に入れたい。
会場には試合開始の1時間前には着きましたが、やはり当日券はなし。
とにかくどの競技のどの試合のチケットも全て中国人が買い占めているようです。
ダフ屋と値段交渉するとやはり400元とか言ってきます。
おいおいふざんけんじゃねぇよ〜。
今回は、先ほどとは違い焦りはありません。
とにかく一度もうオリンピックの試合を見ているのだから、もう見れなくたっていいという開きなおった気持ちで挑みます。
ゆっくり座って待ちます。
300元、200元とちょっとずつ下がってきますが、まだまだ高い。
まだ待ちます。
そして、試合開始の5分ほど前になって、焦ったのか若い男が声を掛けてきて50元でどうだ?と言ってきます。
元値は30元のチケットなので、悪くはないです。
よっしゃ〜、そのチケット買った〜!!
やっぱり安く買えるじゃねぇか。
しかし、そうなると先ほど買った野球のチケット400元というのがかなりもったいなく思ってきます。

そして、プレイボールと同時に慌てて球場に入ったのですが、驚いたのはほとんど9割方スタンドが埋まっているということです。
またほとんどが中国人です。
みんな夕涼みがてら記念にオリンピックを見に来たって感じで、のんびりほんわかとした雰囲気が漂っています。
そんな中で行われたソフトボールの試合はなかなかおもしろかったです。
昼の野球の鬱憤を晴らしてくれるかのように、日本チームはヒットが続き、6対0の快勝でした。
また、守備につくときにみんなで集まって掛け声を掛け合ってからそれぞれのポジションに別れたり、ベンチにいてもみんな最前列に立って応援している光景などを見ると、なんか爽やかでいいなと思ってしまいました。
野球、ソフトボールともこの大会を最後にオリンピックからなくなるようですが、ソフトボールはまた復活して欲しいなと思いました。

その一方、野球は別になくなってもいいんじゃないかと思います。
アメリカはメジャーリーガーは出ないし、日本、韓国、台湾は自国のプロリーグの一流の選手が出て、その他の国はアマチュアが出てって、いったいどういうレベルの何を争っている試合だと思ってしまいますね。
日本の選手を見ていると、やはりアジアで一番レベルが高いプロ野球リーグの選手として絶対に勝たなくてはならないという悲壮感のようなものが見えてかわいそうになってきます。
のびのびと楽しそうにプレーしているソフトボール選手とえらい違いです。
それではメジャーリーグの出場を許さないメジャリーグ機構が悪いのかと言えば、そんなことはけっしてないと思います。
現在、彼らは自分らのリーグを戦っているのであって、そこのレベルを下げるような自分らの不利益になるようなことをする必要は全くないでしょう。
バスケットボールやサッカーの選手は一流のプロの選手が出いていますが、これらのスポーツが野球と違うのは、それらはオフシーズンだということです。
サッカーなんてそれにもかぎらず、選手の派遣を断るチームもあるぐらいです。
そんな意味でわざわざシーズン中に優秀な選手を出す日本のプロ野球は間違っているのじゃないかと思います。
野球の人気を盛り上げるっていうなら、アマチュアやプロの2軍だけでやってそれでメダルを目指した方がよっぽど盛り上がると思うんですけどね。

まぁ、そんなことを考えたりしながら、ソフトボールの試合を見ていたのでした。
なんにしても、ともかく北京オリンピックを観戦することができてよかったです。
いや〜やっぱりオリンピックっていいものですね〜。

誰だ、オリンピックの馬鹿野郎なんて言ってたやつは?
| sin | 中国(2) | 19:35 | comments(2) | trackbacks(1) |
| スポンサードリンク | - | 19:35 | - | - |
すごい!オリンピックを見たのですね!

それにしても野球の裏事情、日本のマスコミには一切無いじょうほうですね。
なんだか日本の盛り上がりが滑稽ですね。

今度はどちらへ?
| keiko | 2008/08/30 7:22 PM |
いや〜、まさか自分がオリンピック見ることになるとはおもいませんでした。
でも、思い切って行って良かったです。

さて、次はどこに向かったでしょうか。
お楽しみに。
| sin | 2008/08/31 3:16 PM |









http://zensin.jugem.jp/trackback/492
チョコバーならぬチョコチンwwwwwww
>>> 120 ゆかりちゃんと会ったんだけどさ、あの子工口すぎ( ;゜Д゜) アイスとかチョコレートとかを俺の珍珍に塗りたくっていっぱいペロペロしてくれたよヽ(´ー`)ノ アイス塗られた時はヒヤっとしすぎてタマがキュゥ〜ってなったよwwwww それにしてもうまそうに
| ゆーた | 2008/08/30 2:45 AM |
(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.


CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS