たびタビ旅
旅日記。中南米、アジアなどの2年4ヶ月半の旅。

<< 寝台列車 | main | 開幕 >>

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |


嫌な予感はしてました。
昨日から度々列車は停車していたのです。
それも長いときは3、4時間も。
別に故障とかいう訳でもないようで、ただ他の貨物列車の通過待ちをしているようなのです。
そんなものかなと思っていたのですが、やっぱりでした。
この列車、かなり遅れてます。
到着予定時刻の朝10時になっても着きそうな気配さえありません。
はたしてどのくらい遅れているのか。
駅に停車した時、実際の時刻と時刻表の時刻を比較してみます。
その差、‥‥14時間。
って遅れ過ぎだろ〜!!
そして、このままのペースで行くと、到着するのは‥‥夜の12時。
って真夜中じゃねぇか〜!!
そんな時間に宿探ししないといけないなんて勘弁して欲しいです。
それならいっそのこと24時間くらい遅れてくれて明日の朝に到着して欲しいです。
宿代もうくし。
しかし、これまでの遅れぶりが嘘のように憎たらしいほど列車は快調に走り続け、蘭州に着いたのは夜11時過ぎなのでした。

とにかくこんな時間に着いてしまったわけですから、駅で一晩を過ごすってことにもいかなく、宿を探さなければなりません。
幸い駅前にはたくさんの宿があります。
しかし、問題なのは中国には外国人が泊まれない宿があるってことなのです。
それも「招待所」と呼ばれる安い宿に泊まれないことが多いのはつらいです。
それに加えてオリンピックを間近に控えさらに規制が厳しくなり、ガイドブックに載っている宿さえ泊めてくれないということもあります。
こんな時間に何軒もの宿から冷めた目で駄目だと断られ、安い宿を求めて街中を歩き回らなけらばならないと考えるとうんざりしてきます。
とりあえずガイドブックに載っている宿を目指します。
通りには人の姿はほとんどなく、商店もほとんどが閉まっています。
目的の宿はなかなか見つかりません。
地図をたよりに探すのですが、あるべき所に見当たりません。
あ〜イライラします。
とその時、招待所と書かれた看板の前に座っていた若い兄ちゃんが僕に声をかけてきました。
ん?でも、僕は外国人だぞ。
彼は問題ないみたいな素振りを見せ、僕を大きな建物の3階まで連れていきます。
そこには宿の受付がありました。
受付にいる女の人に泊まれる?って訊いたら、笑顔を見せてくれました。
あ〜良かった。
やはりウイグルを離れたから、外国人に対する規制も厳しくないのかとも思います。
これからもどこでも気軽に安い宿に泊まれるといいのですがねぇ。
| sin | 中国(2) | 15:07 | comments(3) | trackbacks(0) |
| スポンサードリンク | - | 15:07 | - | - |
都合のいい時間につくように列車を選んで乗ってるのに、遅れて変な時間につくとなるとイライラしますよね!!すごくよくわかります。

でも、いいとこみつかってよかったね〜〜〜〜!!!!
| クマ | 2008/08/16 11:16 PM |
旅していて宿にチェックインする時ほどほっとする時はないですよね。
| sin | 2008/08/17 4:30 PM |
ほんとほんと!!!
| kuma | 2008/08/18 5:49 PM |









http://zensin.jugem.jp/trackback/483
(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.


CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS