たびタビ旅
旅日記。中南米、アジアなどの2年4ヶ月半の旅。

<< ツアー | main | 宿探し >>

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |


昨晩11時発の列車に乗り蘭州に向かっています。
およそ35時間におよぶ長旅です。
しかし、実はそれ程苦痛ではありません。
何故ならば寝台列車に乗っているからなのです。
寝台には「硬」と「軟」の2種類があるのですが、安い方の「硬」でも薄い布団がひかれ毛布や枕もありかなり快適です。
インドの硬い寝台列車とは偉い違いです。
その分、値段は高いのですが‥‥。
今、乗っている列車には空調がなく昨晩はちょっと暑くて寝苦しかったのですが、今日は窓を開けているとちょっと寒いくらいの気温です。
空は曇ってはいるものの別に高度が上がったわけでもないのにこれだけ涼しくなるってのもなにか不思議な感じがします。
窓の外には緑の木が一本も生えていない土漠の荒涼とした風景が広がっています。
時々止まる駅の周辺だけに緑があり家があるって感じです。
こんな所によく人が住んでいるものだと思います。
そして、もしここでふと列車を途中下車したらどうなるんだろとも思います。
なんかおもしろい出会いや体験をできるのでしょうか。
そういった計画性のない自由気ままな旅にもちょっと憧れます。
もちろん、列車は降りないですけど。

長い時間を本を読んだりしてベッドの上でごろごろとのんびりして過ごしますが、やはり車内での一番の楽しみは食事となってきます。
中国の列車には必ずお湯が用意されているので、カップラーメンを食べることもできます。
久しぶりに食べるカップラーメンはかなり美味いです。
そして、数種類の炒め物とご飯がセットになった弁当も売りにきます。
値段はやはりちょっと高いのですが、列車の中で食べる中華料理は格別なものがあります。
後、事前にスーパーで買っておいた果物やお菓子などもちょくちょく食ってしまいます。
ほとんど動かないのに食欲だけは旺盛にあります。
中国に入ってから連日食べまくっているので、胃袋、確実に大きくなっていますね。
と言うか、中国は食べるしかないでしょう。

そんな感じでのんびり穏やかな中国列車の旅です。
| sin | 中国 | 14:08 | comments(0) | trackbacks(0) |
| スポンサードリンク | - | 14:08 | - | - |









http://zensin.jugem.jp/trackback/482
(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.


CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS