たびタビ旅
旅日記。中南米、アジアなどの2年4ヶ月半の旅。

<< さみしい | main | お呼ばれ >>

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |


パスーの観光名所に吊り橋があります。
別に観光目的のために造られたのではなく、住民の普段の生活に使用されているものなのですが、そのスリリングさのためツーリストに知られているのです。
スリリングと聞いちゃ、行かない訳にはいかんでしょう。
その吊り橋はパスーの横を流れるフンザ川に架かっています。
宿を出て川沿いに30分ぐらい歩いていくと、遠くの川の上に細い線が見えます。
あれがもしかして?
更に近づいていきます。
ん?
ん?
お〜!!
やっぱり吊り橋です。
話には聞いていましたが、なんたる頼りなさ。
鉄のワイヤーでできているのですが、その上にひかれている木の板のお粗末なことといったら。
細い今にも折れそうな不揃いな形の木の板が間隔が30cmほど開けられ置かれているのです。
場所によっては50cmほども開いているところもあります。
なんといういい加減な造りなのでしょう。
そして、そんな橋の長さは、なんと150〜200mはあるのではないでしょうか。
う〜む、これを渡るのか。
ちょっと心を落ち着け、気合を入れなければなりません。
救いは高さが川から2〜3mほどと低いということでしょうか。
よしっ!渡ってやるぞ!!
ゆっくりと足を踏み出します。
手はもちろん鉄のワイヤーの手すりをしっかりと掴みます。
ゆっくりゆっくり進んでいきます。
板はすぐに折れてしまいそうなので、なるべくワイヤーと板の重なった所を選び踏んでいきます。
やはり、ゆっくりゆっくりです。
下を流れる川は流れは速いものの深さはなさそうで、橋から川までの距離もないので、たとえ落ちたとしても死にはしないでしょう。
そう言い聞かせ、ゆっくりゆっくりです。
足元だけを見つめ進んでいくと、いつの間にか橋の終わりが見えてきました。
あと少しだ、しかし、ここで気を抜いてはいけない。
最後まで、集中、集中!
そして、とうとう渡りきりました。
ふ〜。
わずか200mくらいの距離で20分ほどもかかってしまいました。
精神的に疲れました〜。
よくぞこんなにも頼りない橋を造ったもんです。

しばらく休憩した後、川の下流に向けまた歩き始めます。
そして、2時間ほど山の麓の平らで広い場所を歩きます。
すると、川沿いの崖を走る細い道になります。
けっこう高くてちょっと怖いです。
その道を恐る恐る進んで行くと、また遠くの川の上に細い線が走っているのが見えます。
はい、本日2本目の吊り橋でございます。
しばらくしてその橋の入り口に到着。
今回の橋は先ほどより長さは短く100mほどでしょうか。
しかし、あきらかに先ほどのものよりぼろい。
橋にしかれている板はさらに細く、そして、間隔はさらに開いているように思えます。
また、橋自体ちょっと捻じれ傾いているようにも見えます。
そして、その橋の横には、昔、使われていたと思われる完全に壊れきった橋がご丁寧にもそのまま残してあり、さらに恐怖を煽り立てます。
しばしの間、座ってその橋を見つめ、精神集中を図ります。
フー、よしっ、行こう!!
気合一発、ゆっくりと足を進めていきます。
実際歩くと、板の間隔が先ほどより広いということが実感できます。
1mほど開いているところもあります。
一生懸命、足を伸ばし越えていきます。
足を長く産んでくれた、お父さん、お母さんありがとう。(正確には足が長いのではなく身長が高いのですが。)
川は幅が狭くなっているため、流れは先ほどより速く感じます。
ゆっくりゆっくり進み続けます。
そして、真ん中辺りまで来た頃でしょうか。
微妙な揺れを橋から感じます。
なんだなんだ?
視線を上げると、向こう側からおばちゃんが歩いてきているじゃありませんか。
おばちゃん、待って待って!心の準備が〜!!
そんな僕をよそにおばちゃんはすたすたと歩いてきます。
おいおい、ここですれ違うのか。
僕はワイヤーに捕まり必死に横に体を寄せます。
おばちゃんはそんな僕の横をすり抜けあっという間に橋を渡りきってしまったのでした。
おばちゃん、恐るべし。
気を入れ直し、再び歩き始めます。
やはりゆっくりゆっくり。
別におばちゃんに負けたっていいじゃないか。
別に競争じゃないんだよ。
ゆっくりゆっくりです。
そして、渡り始めてから15分くらい経った頃でしょうか、とうとう渡りきりました。
よし、僕はやったぞ〜。
よっしゃ〜!
どんなもんだ〜!!

すると今度はおばあちゃんがあらわれ、その橋を何食わぬ顔ですたすたと渡っていくのでした。
パキスタンのおばちゃん、おばあちゃん、恐るべし‥‥。
| sin | パキスタン(4) | 20:04 | comments(0) | trackbacks(0) |
| スポンサードリンク | - | 20:04 | - | - |









http://zensin.jugem.jp/trackback/469
(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.


CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS