たびタビ旅
旅日記。中南米、アジアなどの2年4ヶ月半の旅。

<< 大都会 | main | エアアジア >>

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |


ボルネオのクーチン行きの飛行機が6日なのですが、それまでクアラルンプールにいても時間を持て余すので、ちょっと億劫だったのですがマラッカに行ってきました。
バスで2,3時間の場所なのですが、荷造りしてバスターミナルに行って切符勝買って、向こうに着いたら着いたで宿を探して…なんて考えると行きたくなくなってしまうもんです。
頑張って観光に出かけた自分自身を褒めてあげたいです。

マラッカは昔栄えた港町でポルトガルやイギリスが植民地時代に建てた古い教会などがあるだけでそう見るべきところはありません。
僕が見たかったのは「夕焼け」でした。
沢木耕太郎の「深夜特急」にも出てくるマラッカのきれいな夕焼け。
それを廃墟になった教会の残る小高い丘から眺める。
これがわざわざマラッカまで出かけた目的。
本来なら真っ赤に染まった夕焼けの写真をどかーんとお見せできるはずだったのですが、あいにくの曇り空。
まぁ、人生そんなものです。

代わりといってはなんですが、フランシスコザビエルとその日本人の弟子やじろうの写真を載せました。
フランシスコザビエル。
これほど日本で有名で親しみを持たれているスペイン人はいないでしょう。
スペインのサッカーのスター選手ラウルを知らないとしても、ザビエルは知っているでしょう。
そのザビエルカットとも呼ばれる?独特なヘアースタイル。
教科書に載っているその似顔絵に落書きをするのは退屈な授業中のささやかな喜びだったはずです。
彼はここで亡くなったようです。
そのため彼を称える彼の名前を冠した教会もあるのです。
その教会に銅像があります。
そこにある解説文を読むとどうやら日本人がこの7月に建てたようであります。
やはり日本人に愛されているのだ。

でも、髪型は普通でした。



| sin | マレーシア | 21:38 | comments(1) | trackbacks(1) |
| スポンサードリンク | - | 21:38 | - | - |
マラッカに行った事があります。
古い町並みをみて感心した記憶があります。
マラッカ海峡に来たとの感激がありました。
輪たくのおじさんに騙されて分かっていたので苦笑しました。
| tom | 2006/09/05 9:53 PM |









http://zensin.jugem.jp/trackback/46
ラウルが現役最多53ゴール
サッカーの欧州チャンピオンズリーグ(CL)で、レアル・マドリード(スペイン)のスペイン代表FWラウルは26日、1次リーグE組のディナモ・キエフ(ウクライナ)戦で2ゴールを挙げ、欧州CL通算得点を53として、シェフチェンコ(チェルシー)の52得点を抜き、現役最多に躍
| スポーツニュース | 2006/09/27 6:30 PM |
(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.


CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS