たびタビ旅
旅日記。中南米、アジアなどの2年4ヶ月半の旅。

<< スーフィーダンス | main | 夜祭 >>

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |


ラホールはかなり暑いです。
夜でも30度を下回ることはなく、昼は40度近くになっているんではないでしょうか。
食欲もなくなってくるのですが、嬉しいことに宿の近くに美味しいアイスクリーム屋があるのです。
20種類くらいのアイスクリームがあり4スクープで40ルピー(約55円)といったお値段。
この店にきて4種類の味を選び、それをスプーンですくってその冷たさ甘さをじんわりと感じながら食べるというのが、この暑いラホールでの至福のひと時であります。
わたくし、冷たいもの、甘いもの、大好きであります。
そして、嬉しいことに?このアイスクリーム屋の客は全員男性です。
髭をたくわえたむさ苦しいおっさんどもが、みんなでアイスクリームをほお張る光景はなかなか微笑ましいものがあります。
どうやらこの店は女性は入店できないようです。
甘いものと言えば女性という概念の強い日本ではとても考えられないことです。
僕は、そんな日本で今まで何度も悔しい思いをしてきました。
僕はアルコールも飲みますが、甘いものも大好きです。
パフェなんかも大好き。
アイスクリーム、生クリーム、果物などが奏でる豊かなハーモニー。
なんて心浮き立つ魅力的な食べ物なんでしょう。
しかし!!です。
これを男が食おうとする時、日本はなんて心の狭い国となるのか。
男一人ではパフェ専門店にはとてもじゃないけど入れないし、普通の喫茶店でもパフェを注文することの難しさ。
けっして男がひとりでパフェを食べてはいけないという規則があるわけではありません。
しかし、そこには厳然たる暗黙の社会のルールといったものが存在することを否定することはできません。
カラフルなさまざまなパフェのサンプルが並んだショーケースのある華やかな店の前を何度悔しい思いをして通り過ぎたことでしょう。
僕はパフェをもっと気軽にもっとどうどうと何も後ろめたい気持ちなしで食いたいんだ〜!!
とそんな思いをある女の子に話したところ、確かにそうだけれど女の子はひとりでは吉野家や立ち食いソバ屋には入りにくいのよと言われました。
そう言われれば、た、たしかに‥‥。
パフェvs牛丼・立ち食いソバ。
はたしてどっちを取るべきなのか。
難しい問題であります。
ただただ、はやく日本にも自由で平等な社会が訪れることを祈るのみです。
あぁ、パフェ‥‥。
| sin | パキスタン | 23:45 | comments(0) | trackbacks(0) |
| スポンサードリンク | - | 23:45 | - | - |









http://zensin.jugem.jp/trackback/438
(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.


CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS