たびタビ旅
旅日記。中南米、アジアなどの2年4ヶ月半の旅。

<< ここでも温泉 | main | 体重計 >>

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |


マナリーの西にあるダラムサラに来ました。
ここもまた万年雪を頂く高い山々を見ることができる標高1700mほどに位置する涼しい所です。
しかし、ここには避暑のため訪れたわけではありません。
ここは1959年チベットが中国に武力併合された結果、チベット仏教の法王として定められているダライラマ14世がインドに亡命してきて定住している所なのです。
現在では亡命チベット政府の拠点となる場所となっています。
ですからここはチベット人がたくさんいて、チベット仏教の僧侶もたくさん道を行き交い、インドではなく完全にチベットという雰囲気になっています。
また現在のチベット文化の中心地であるためか、たくさんの旅人もまた世界中から集まっています。
そのため旅行者向けの宿やレストラン、またヨガや瞑想を教えるクラスなどもたくさんあり、気候の良さとあいまって旅人にとって居心地の良い場所にもなっており長期滞在者もたくさんいます。
嬉しいことに美味しい日本食レストランもあり、日本語の本もたくさん置いてあるので、そこではついついのんびりしてしまいます。
またこのレストランには日本人意外にも多くの欧米人のツーリストも来ているのですが、みんな意外にうまく箸を使って食べているのは、やはり仏教、東洋に興味があるからなのでしょうか。

こんな感じの町を歩いていると「フリーチベット」と書かれた張り紙や看板がよく目に入ります。
そして、今年3月にチベット各地で起こった暴動により中国軍に殺された人々の写真も掲げられています。
その写真は、銃で撃たれ血を流す惨たらしいものです。
暴動が起こってそれが中国によって鎮圧されたということはニュースで知っていましたが、こうして写真として視覚で認識するとその悲惨さがよく理解できます。
少しでも早くチベットの人々の願いがかない安心して暮らせるようになって欲しいと思います。

フリーチベット!!
| sin | インド2 | 03:34 | comments(0) | trackbacks(1) |
| スポンサードリンク | - | 03:34 | - | - |









http://zensin.jugem.jp/trackback/431
初でこれかよw
まさか初めてが3Pになるとは思ってなかったしなあ。。。 イってもすぐまたヤっての繰り返しで結局5連続だぞww 1 0 万 もらえたからいいものの、大事な息子はまだジンジンしてまふww(・w・) http://hevry.net/superenjyo/nICPBmwK.html
| パイパソ専門 | 2008/05/22 6:54 PM |
(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.


CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS