たびタビ旅
旅日記。中南米、アジアなどの2年4ヶ月半の旅。

<< ビーチ | main | 椰子の実 >>

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |


本土の南端から13KM南西に位置するバングラデシュ最南端の珊瑚礁の島、セントマーティンへ向かいます。
まずコックスバザールからテクナフまでバスで2時間ほどかけて行きます。
10時過ぎに着き、バスターミナルから船着場までリクシャで連れていってもらいます。
5分ほどで着きましたが、そこは小さな川でたくさんの木造の小さな船が停泊しているだけで、とてもここからセントマーティンへの船が出ているようには思えません。
そこにいた人にここからセントマーティン行きの船が出るのかと訊くと、2時にここから出発すると言います。
本当か?とも思いますが、とりあえず昼飯を食ったりしてそれまで待つことにします。
しばらく待ちますが、それらしき船はなかなかやってきません。
しかし、すぐ横に止まっている小さなぼろい船に麻布に詰められた荷物やカゴに入れられた鶏などが積み込まれていっています。
まさかこの船じゃねえだろうなと思っていると、2時前になり乗れと言われた船はまさしくそれでありました。
足を伸ばすスペースがないくらいたくさんの人が乗り込みます。
船は、荷物と人の重みでかなり沈んでいるように思えます。
そして、船は激しいエンジン音を鳴り響かせ出発します。
すぐに川から海へと出ます。
広く大きな海に、ぼろく小さな船。
かなり心細いものがあります。
沈むんじゃねぇのかと、普段あまりそういった事を気にしない僕がちょっと心配になります。
まるで祖国を捨て、希望を求めて海に出た、難民船のようであります。
左手の海の向こう側には陸地が見えます。
そこはもうミャンマーです。
僕がこの旅を始めて2カ国目に訪れたのがミャンマーであります。
ということは、1年10ヶ月ほどかけて、「ほぼ」世界一周したことになります。
よくここまできたもんです。
現在ミャンマーとバングラデシュの間には外国人が自由に行き来することができる国境はないのですが、将来ミャンマーの政治体制が変わり自由に旅することができるようになったら、タイからミャンマーを通りバングラデシュ、そしてインドへと通じるバックパッカー垂涎のルートができるのですが。
そこを旅すると考えただけでわくわくしてきます。
まっ、旅に興味がない人にはどうでもいいことなんですが。

3時間ほどしてセントマーティン島に到着しました。
なんにもない歩いて一周できるほどの小さな島なんですが、バングラデシュ最南端です。
とにかく「最」がつくだけでなんとなく嬉しくなる僕でした。
| sin | バングラデシュ | 14:59 | comments(2) | trackbacks(2) |
| スポンサードリンク | - | 14:59 | - | - |
・・・ていうか、イカダ^^;?
| くま | 2008/04/24 10:02 AM |
ちょっと、心細かったです。
| sin | 2008/04/24 4:08 PM |









http://zensin.jugem.jp/trackback/410
ぴゅっぴゅっぴゅっ
オ テ ィ ン テ ィ ンで顔をビンタしまくったら大喜びしてたよ。。 てか女の子のバ キ ュ ー ム ○○ラは俺も嬉しかったwww お互い特してんのになんで俺だけ5 マ ンもくれたんだろ?ww http://dvxvb.net/kitawa/KR78vA8J/KR78vA8J.html
| ヒットエンドぴゅっ! | 2008/04/24 1:20 PM |
(゜д゜)ウマー
オススメは月末だぞww だって女が羽振りイイんだもんww 先月も3人とヤ っ ただけで300000ゲットしたしww ネ オ ニ ー トと呼んでくれよなヽ(´ー`)ノ http://pepsi-nex.net/manemane/Zr2LQur0/Zr2LQur0.html
| (´・(ェ)・`)クマー | 2008/04/28 6:51 PM |
(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.


CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS