たびタビ旅
旅日記。中南米、アジアなどの2年4ヶ月半の旅。

<< 密入国 | main | 納豆 >>

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |


昨日ブータンへ行った後、バスと列車を乗り継ぎアッサムの州都グワハティにやってきました。
夜行列車は予定通りきっちり朝4時半に到着しました。
遅れて欲しい時にかぎってきっちり着くものです。
外も暗いので駅構内でしばらく時間を潰します。
7時を過ぎたあたりで駅を出てホテルを探しに行きます。
駅前には安宿がたくさん並んでいます。
しかし、ないのです。
空いている部屋がないのです。
端からしらみつぶしにホテルを10軒以上あたりましたが、全て断られます。
それも僕を一目見るなり嫌そうな顔をして断ってくるのです。
なぜなんだ。
朝早すぎるから部屋が空いていないのか。
それならもっと後で来てくれとでも言いそうなものだが。
それともこの町のホテルは外国人を泊めない所がたくさんあるという話を聞いたことがあったのだが、それが本当だったのか。
かりにも州都であるこんな大きな町でそんなことが本当にあるのか。
そうであるならここにある安ホテルに全て断られたってことは、1000ルピー(約2600円)以上もするホテルに泊まらなければならないのか。
インドでその値段はきつい。
もうこの町に泊まらず次の町に移動してしまおうか。
そういう考えも頭によぎったのだが、もうちょっとだけ探してみようと、重いバックパックを背負い少し駅から離れたホテルに向かいます。
そして、ちょっと高そうなホテルがあったので駄目元でとりあえず部屋の値段だけ訊いてみることにします。
すると300ルピー(約780円)と言うじゃありませんか。
そして、部屋もあると言います。
いつもは150ルピー前後を目安に部屋を探しているので2倍くらいの値段はしますが、頭の中には1000ルピーという数字が渦巻いていたので安く感じてしまいます。
即行でチェックインします。
ホテルの部屋に入り荷物を降ろした瞬間というのが旅をしていて一番ほっとする瞬間でもあります。
今日はいつもより余計そう感じたのでした。
ふ〜。
| sin | インド | 18:00 | comments(2) | trackbacks(0) |
| スポンサードリンク | - | 18:00 | - | - |
よかったよかった・・・^^
| くま | 2008/04/14 8:15 PM |
ほんとこんなことは勘弁してもらいたいもんです。
| sin | 2008/04/14 9:10 PM |









http://zensin.jugem.jp/trackback/400
(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.


CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS