たびタビ旅
旅日記。中南米、アジアなどの2年4ヶ月半の旅。

<< ヨーグルト | main | 密入国 >>

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |


目を覚ますと朝6時くらいでした。
外はもう明るいです。
コルカタを昨晩7時半に出発したバスは、北上しシリグリを目指します。
ここ最近あまり移動もせずのんびりしておりましたが、ようやく積極的に動くことを決意しました。
インド北東部を軽く回った後、バングラデシュに行きます。
シリグリは近くにネパール、バングラデシュ、ブータンの国境がある交通の拠点となる町であります。
今、乗っているバスはおんぼろではあるものの、座席の幅がゆったりとしており乗り心地は悪くありません。
道路の路面の状況はというと、多少凸凹しておりバスは揺れましたが、眠りを妨げるって程のものではありませんでした。
バスのチケットを購入した時にどれくらいで着くのかと訊いたら12時間ほどでかかると言っていたので、何事もなければ朝7時半にはシリグリに到着することになります。
夜行の乗り物で移動する時は、10〜12時間くらいというのが、短すぎず長すぎずちょうど良い時間です。
バスはエンジントラブルなどもなく順調に走り続けます。
インドですから少しは遅れるかもしれませんが、これなら遅くとも8時半ぐらいには着くのではないでしょうか。

‥‥が着きません。
定刻の7時半どころか、8時半になっても、9時半になっても、そして、10時半になっても着きません。
最初は少しくらい遅れるだろうとのんびりと構えていましたが、ここまでくるとだんだんイライラとしてきます。
なんでなんのトラブルもないのにこんなに遅れるのだ〜。
遅くなるなら遅くなると最初から言わんかい〜。
長時間乗るにしても最初から分かっていればそれなりの心の準備もできますが、いつ着くか分からずに乗っているというのは精神的にかなり辛い。
イライライライライライラしてきます。
しかし、他のインド人の乗客たちも車掌になにやら文句を言ったりしていて、かなりイライラしているのが分かります。
僕は文句を言いたくても言葉が話せないので、代わりに文句を言ってもらえるだけで少しは気分も軽くなるってもんです。
そして、ようやくバスがシリグリに着いた時には、1時半になっていました。
実に6時間もの遅れ。
結局なんで遅れたか最後まで分かりませんでした。

そして、疲れてはいましたが、シリグリに着くとバスを乗り換え、ブータン国境の町ジャイガオンに向かいます。
今度のバスは、乗り合いバスのような背もたれも倒れず座ると膝も前に席にくっついてしまうというような狭く小さなおんぼろバス。
しかし、ここからジャイガオンまではそれほどの距離はないので問題はないです。
距離から推測すると3時間くらいで着くのではないでしょうか。
バスは3時前に出発します。
このバスは走っては止まりを繰り返し、その都度客の乗り降りが行われます。
時には15分ほど停車していたりします。
そして、3時間経った6時になっても着きません。
まただんだんイライラしてきます。
別に誰からも3時間で着くと言われた訳でもなく、自分で勝手に思い込んでいただけなので誰にも文句を言えた義理ではないのですが、それでもイライラするもんはするのです。
日も沈み、あたりも暗くなってきます。
いつ着くんだ〜。
おまけにものすごい雨がザーザーと降ってきます。
あ〜あ、泣きっ面に蜂とはこのことか。
そして、バスは4時間経った7時に真っ暗なジャイガオンに着いたのでした。
体力的にはもちろんのこと、精神的にかなり疲れた一日でありました。
| sin | インド | 15:44 | comments(0) | trackbacks(0) |
| スポンサードリンク | - | 15:44 | - | - |









http://zensin.jugem.jp/trackback/398
(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.


CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS