たびタビ旅
旅日記。中南米、アジアなどの2年4ヶ月半の旅。

<< ガンガー | main | リクシャ >>

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |


バナーラスでは、今日と明日、シヴァラトリーというお祭りが行われます。
ヒンドゥー教の祭りなのでインドの各地で行われているようですが、ここベナーレスが一番盛り上がるといいます。
それにあわせ旅行者もたくさん集まってきており、どの宿も満室になっていることが多いようです。
僕はこれにあわせここに来た訳ではなく全くの偶然だったのですが、こういう祭りを見れることはやはりいいことであります。
しかし、実際は思っていた程、街は盛り上がることはなくちょっと期待外れといった感も否めませんでした。
確かに太鼓などの音にあわせて、着飾った人たちが道路をパレードしたりしていましたがただそれだけのものです。
もっとみんな町中の人たちが熱狂的に踊り狂ったりするのかと思っていたのですが、意外と普通の人はたんたんといつもと変わりなく過ごしていました。
僕がちょっと期待しすぎたのでしょうか。

そんなことで早々に宿に戻り部屋で寛いでいると、同じ宿の人からタブラーのコンサートに行かないかと誘われました。
タブラーとは北インドの楽器で、二つの小さな太鼓を足の間に抱え込みそれぞれ左右の手で叩く物であります。
この祭りにあわせて、この街にそのタブラーの有名な演奏者が来るみたいなのです。
演奏者の名前はザキール・フセインという人で、僕はまったく知りませんでしたが、日本にも演奏しに来るようなタブラー界の第一人者であるようです。
そんな人が、無料でコンサートを開くというのです。
会場に入れるかなという心配はありましたが、せっかくなので行ってみることにします。
開演は8時ということなのですが、念のため早めに7時頃に会場に着きます。
しかし、会場には思ったより来ている人が少なく、意外と前の方に座れます。
それはそれでいいのですが、本当に人気のある人なのかなと少し怪しく思っていまします。
それでも8時には会場はほぼ満員の人で埋まりました。

8時を過ぎ4、5人のいろいろな楽器を持った人がステージの上に上がります。
この中にザキール・フセインがいるのか?と思いますが、観客の反応からしてどうやら違うようです。
前座といったところでしょうか。
演奏を始めます
演奏自体は可もなく不可もなくといった感じであり、観客も盛り上がることなく少し退屈したようにたんたんと聴いているといったふうであります。
そして、一時間あまりで彼らの演奏は終わり舞台を降りていきました。
その後、ステージの上に更に一段高い壇が設けられます。
いよいよか、期待も高まります。
そして、全身をすっぽり覆う白い服をまとった体格の良い、もじゃもじゃ頭のおっさんが舞台脇から登場しました。
観客から大声援が上がります。
彼こそがザキール・フセインその人であるようです。
演奏もしていないのに、おおぉなんかすげーと思わず声に出してしまいます。
体中からオーラが出まくってます。
一流というか、大物というか、その存在感は圧倒的であります。
演奏が待ちきれないです。
ザキール・フセインはステージの壇上に胡坐をかいて座り、観客をじらすよかのように笑みを浮かべながらゆっくりゆっくりとタブラーの位置を調整します。
ステージ上にいるのは彼と、なんという名か僕には分かりませんが弦楽器の一種を持った男の人の二人だけです。
そして、その弦楽器の音をバックにおもむろに演奏はスタートしました。

ものすごいです。
僕は今までタブラーの演奏なんて聴いたことはありませんが、そんな僕でもその音がすごいのは分かります。
いったいどうして小さな二つの太鼓だけでこんな複雑な音を奏でることができるのか。
ザキール・フセインは額から汗を滴らせ、長い髪を振り乱し演奏を続けます。
観客の間からも時おり、拍手と歓声が沸き起こります。
演奏は一時間以上も続きましたが、少しも退屈することはありませんでした。
本当にこのコンサートを見れて良かった。
どんなものにもかかわらず一流というものは、人を感動させる力を持っているものですね。

しかし、こんな音楽を聴くと、つくづく自分もなにか楽器ができたらなと思います。
実は、幼稚園から小学校の4年生くらいまでピアノを習っていたのですが、恥ずかしながら今は全く弾くことができないのです。
そして、恥ずかしながらついでに申しますと、そんなに長くピアノを習っていたにもかかわらず中学校の頃に音楽の成績で10段階で1の成績をとった男でもあります。
もちろん残念ながら、1は最低の数字であります。
そんな僕に弾けるような楽器があるのでしょうか。
もちろん一流にとは申しません。
二流でも、いや三流でもいいのですが‥‥。
| sin | インド | 18:36 | comments(2) | trackbacks(1) |
| スポンサードリンク | - | 18:36 | - | - |
ザキール・フセイン、そんなにオーラが!? 写真送ってください^^;

シンさんも別のジャンルのオーラが漂ってます。何か楽器を始めて見られては・・・?
| くま | 2008/04/01 12:44 AM |
果たしてどんなオーラが漂っているのでしょうか。
異臭でないことを祈ります‥‥。
| sin | 2008/04/02 5:03 PM |









http://zensin.jugem.jp/trackback/394
ajfke0Qt俺の女神様w
ajfke0Qt 俺にとって女は神様ですw 昨日も会ってきたんだけど、2回もヌいてもらって¥6ΟΟΟΟくれたよ(*^ー゜)b もうやめれん。。w http://span.yycola.net/yutto/ajfke0Qt/ajfke0Qt.html
| ajfke0Qt不死鳥 | 2008/04/01 7:05 PM |
(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.


CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS