たびタビ旅
旅日記。中南米、アジアなどの2年4ヶ月半の旅。

<< ストライキ | main | 変わらない >>

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |


インド国境の町バイワラに朝6時半頃に到着。
昨日、バスはガソリンを補給することができ、夜7時にカトマンズを出発しました。
そして、運良くストライキも終わり道路封鎖も解除されたため、遠回りしてポカラを経由するのではなく直接カトマンズからバイワラに向かうことができるようになりました。
そのためバス代も安くなりましたし、到着時間も5時間ほど早くなりました。
一日出発が遅れた甲斐があるってもんです。

バイワラで乗合ジープに乗り、3キロほど離れたスノウリボーダーへと向かいます。
この国境は地元の人は出入国手続きが必要なく自由に行き来できます。
そのためイミグレも商店の中にひっそりと紛れ込んでいて分かりにくい。
ネパール側の出国手続きを終え、歩いて国境を越えます。
次はインドの入国手続きです。
人に訊いてイミグレをなんとか見つけます。
そこで入国カードを記入してパスポートと共に提出します。
太った係員のおっちゃんは、それを見ながら新聞紙ほどのサイズもある台帳に名前などを書き写します。
そして、僕の誕生日の日付を見るとおっ!?という感じで顔を上げます。
「おお〜、今日は君の誕生日じゃないか。」
そう、今日3月1日は僕の誕生日なのです。
この旅で迎える二回目の誕生日になります。
昨年は、ブラジルで一人寂しく終日バスでの移動をしてました。
そして、今年こそは誰かにご飯やビールなどを奢ってもらっちゃたりして祝ってもらおうかと軽く目論んでいたのですが、昨年と同じく一人寂しくの移動となってしまったのです。
なので、誰かに祝ってもらうことはないなと諦めていたのですが…。
「誕生日にインド入国とはラッキーなやつだ。ハッピーバースデー!!」
ビールは無しですが、おっちゃん、ありがとう。

インドに入国して、今日の目的地であるバラーナス行きのバスを探します。
どこがバスターミナルだろうとうろうろしていると、インド人の若い男の子が近づいてきます。
そして、「バナーラスへ行くのか。それなら8時半に出るツーリストバスがあるぞ。8時間で着くエクスプレスだ。」と言ってきます。
それなら夕方4時半頃と明るい内に着きます。
悪くありません。
しかし、値段を訊くと450ルピー(約1200円)と言うじゃありませんか。
僕の持っているガイドブックに書いてある値段の3倍くらいします。
ガイドブックの情報は5年前以上のデータなので、物価の上昇、最近のガソリン価格の上昇によって値上がりした可能性もあります。
いや、それにしても高すぎる。
しかし、近くを見渡してもバナーラスまでのツーリストバスのチケットを扱っていそうな店はありません。
果たしてこれに乗らなければならないのか。
ローカルバスで行くなら直接バナーラスへ行くものはないようで、一度ゴーラクプルという町まで出てそこで乗り換えをしなくてはならないようなのです。
時間も10時間以上かかるようだ。
どうしようか。
しばらく迷っていて仕方がないかとお金を払いそうにもなりましたがぎりぎりのところで踏みとどまり、一度ローカルバスの方も値段等を含めて確認してみようとその店を離れます。
するとその若い兄ちゃんは慌てて僕についてきて、ゴーラクプルで乗り換えるバスチケットなら350ルピーでいいと言ってきます。
ツーリストバスなのに何故乗り換える必要があるのかとさらに怪しく思い、無視して歩き続けます。
しかし、それでもその兄ちゃんは僕に付きまとい続け、僕が目指していたローカルバスに先に乗り込んでしまいました。
そして、これがこれが350ルピーのバスチケットのバスだと言ってきます。
そりゃ、おかしいだろう。
どうみてもこれはローカルバスだし、なんでそれにそんな高い金額を払わなければならないのか。
じゃぁゴラクプールまではいくらだと訊くと、「250ルピー」と日本語で答えてきます。
なんでここからバナーラスまでの距離の3分の1くらいの場所にあるゴーラクプルまでがそんなにするのだ。
完全にこいつは僕を騙そうとしています。
ふとバスの中を見ると車掌みたいなおっちゃんがいたので、250ルピー払わないのならこのバスからすぐ降りろとごちゃごちゃうるさい兄ちゃんを無視して、ハウマッチ?と訊いてみます。
すると「エイティー」と言うじゃありませんか。
だから80ルピーを払いさっさとそのバスの乗り込みます。
兄ちゃんはぶつぶつと悪態をつきながら降りていきました。
いったいなんなんだあいつは。
同じバスにポーランド人の女の子が乗っていたので話をすると、その人はバナーラスまで直行のツーリストバスだと言われ450ルピーを払ったようなのです。
そして、結局乗せられたバスはこのローカルバスだったのです。
さっきの男は、ツーリストバスだと言って450ドルでチケットを売り、実際にはそれよりも安いローカルバスに乗せてしまう詐欺をやっていたようなのです。
あ〜いきなり疲れるようなやつに会ってしまいました。
でも、これがインドなんですよね。
インドに帰ってきたぞ〜。

バナーラスにバスが着いたのは日もとっくに沈み真っ暗になっている夜8時半頃。
昨晩7時にカトマンズを出発してから24時間以上移動していたことになります。
疲れました。
宿にチェックインしてシャワーを浴びベッドに倒れこむと、あっと言う間に深い眠りに落ちました。
そうして僕の誕生日は終ったのでした。
| sin | インド | 14:08 | comments(3) | trackbacks(1) |
| スポンサードリンク | - | 14:08 | - | - |
いや〜、読んでるだけで大変そう・・・^^;
普通の旅をさしてくれよ!といいたくなるねぇ~。

まぁ、「それがインドだから」で片付けられるのも、インドらしい旅、ですね。

がんばって〜^^
| くま | 2008/03/14 4:16 PM |
チベット・ラサの暴動、大変ですね!
しんさんの旅に影響なくて、不幸中の幸いです!!!
| くまふたたび | 2008/03/17 5:02 PM |
いやいやこれからの旅の予定にチベットが入っていたのですが予定を変更しないといけない可能性もありますね。
オリンピックにからんで何か起こるかなと心配はしていたのですが。
本当旅は思い通りにはいきません。

最近ネット環境のあまり良くない所にいるのでブログの更新が滞っていますが、少しづつ書いていきますのでしばらくお待ち下さい。
| sin | 2008/03/17 7:44 PM |









http://zensin.jugem.jp/trackback/391
どりドリ
jnOHywur 先っちょのドリル具合がいいって言われたw イイ仕事になりそうだし、手術はしばらくヤメとくよヽ(´ー`)ノ http://8e8ae.net/chinpre/jnOHywur/jnOHywur.html
| どりてぃんドリーム | 2008/03/17 2:40 PM |
(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.


CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS