たびタビ旅
旅日記。中南米、アジアなどの2年4ヶ月半の旅。

<< 寝袋 | main | ABCトレッキング 2日目 >>

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |


いよいよABC(アンナプルナ ベースキャンプ)へのトレッキングです。
まずポカラのバスターミナルまでタクシーで向かいます。
10分ほどで到着するとタイミング良くトレッキングの開始地点であるナヤプル行きのバスが来ました。
おんぼろバスに乗ること約2時間、小さな商店が何軒か立ち並ぶ道路脇で降りろと言われます。
どう見ても町には思えないのでナヤプル?と車掌に確認しますが、そうだとうなずきます。
いよいよ歩き始めます。

で、まずは腹が減っては戦はできぬと道路脇にあった小さな店に入り、サモサ2個、ゆで玉子2個をチャイを一杯飲みながら食します。
時間は10時、よし、今度こそ歩き始めますよ〜。
40分ぐらい歩くとチェックポイントがありトレッキングのパーミットをチェックされます。
そこを過ぎ更に歩き続けます。
道は上り坂なものの比較的なだらかできつくはないです。
昨年の6、7月にペルー・ボリビアで山歩きをしてから半年あまりほど運動らしきことをしてこなく、体力面にちょっと不安のある僕にとっては嬉しいかぎりです。
今回は寝袋、着替えなどを詰めたバックパックを自分で背負っているのですが、それもそれ程重く感じません。
風もなく天気も良いので、かなり暖かく感じます。
最初は長袖のシャツ、フリースを着込んでいたのですが、すぐに脱ぎTシャツだけになります。
昔は他の人に負けるもんかと競争心を剥き出しにしてムキになって歩くということもありましたが、今日は1時間に10分ほどの休憩を取りながら、けっして急がずゆっくりとした自分のペースで歩いて行きます。
僕も大人になったもんです。
というか親父になったのか。

2時にティケルドゥンガに到着。
今日の目的地ウレリまで後1時間です。
ここまでは相変わらずきつい上り坂はなく、気持ち良く歩けてきました。
身体慣らしにはちょうどよい一日でありました。
と思ったら、ここからがえらい急な上り坂になります。
かなりきつい。
額からも汗がだらだらと滴り落ちてきます。
いやいや初日からやっぱりこれですか。
軽く感じたバックパックも今ではずっしりと肩にくい込んできます。
それでもゆっくりゆっくり一歩づつ踏みしめ歩いていると、上から背中に籠を背負った若者が下りてきます。
荷物を運んでいるネパール人のポーターのようです。
そして、彼が背負っていたのは、なんと女の子。
どうやら足を捻ったりなんかして歩けなくなったトレッカーを運び下ろしているようなのです。
その女の子、見たところ40〜50キロはあるでしょう。
いや〜まいりました。
僕もしんどいなんて言ってる場合じゃないですね。

そして、ようやく3時にウレリに到着。
最後はちょっと疲れましたが、バテバテってほどでもないので初日にしてはいい感じじゃなかったでしょうか。
村の入り口にある宿にチェックインします。
山の中の小さな村なのでシャワーは浴びれないものと覚悟していたのですが、なんとあると言うじゃありませんか。
しかも、ホットシャワーが。
しかし、カトマンズやポカラの町のホテルでもホットシャワーと言っても名ばかりの温いウォームシャワーなのでここもそんなものだろうと思いますが、汗を流せるだけましかと期待せず浴びてみます。
すると、なんとめっちゃ熱いではありませんか。
すごく嬉しい誤算なのですが、こんな山奥なのに何故?
不思議な国ネパールであります。
| sin | ネパール | 16:26 | comments(0) | trackbacks(0) |
| スポンサードリンク | - | 16:26 | - | - |









http://zensin.jugem.jp/trackback/376
(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.


CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS