たびタビ旅
旅日記。中南米、アジアなどの2年4ヶ月半の旅。

<< 聖地 | main | トランジット >>

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |


イスラムの国では基本的にアルコールを飲むことができません。
ここイランでも酒類は売っていません。
(しかし、イランでも一部の人は闇で酒を買って飲んでいるみたいです。ちなみに僕がアルメニアからイランにくる国際バスに乗った時も、バスの出発を待つ間に何人かのイラン人は赤ワインを買って飲んでいました。また食事休憩の時には豚肉も旨い旨いと言って食っておりました。)
そして、イスラムの国では酒が飲めないからか、男の人も甘いものが大好きです。
ケーキ屋へ入っても、おっさんばかりです。
体のでかい腹の出たおっさんが、ケーキを物色している様はなかなか可愛いもんです。
そういう僕も甘いものは大好きなんで、ケーキ屋にはちょくちょく行っています。
イランのケーキのレベルは日本と比べるとかなり落ちますが、それでも今まで僕が旅してきた国の中ではかなり美味しい部類に入ると思います。
種類も豊富だし、見た目もきれいで美味しそうです。
そして、ここで驚くのはシュークリームがあるということです。
シュークリームなんてどこにでもあるように思うかもしれませんが、ほとんど見かけることはありません。
それがなぜかイランでは売っているのです。
値段は1キロ25000リアル(約300円)前後です。
10000リアルも出せば、日本のものより小振りなものが10個ほどきます。
残念ながら中に入っているのはカスタードではなく、生クリームだけなんですが、それはそれで美味いのです。
朝飯がわりに、おやつにと、ついつい買ってしまいます。
夕食を食べた後でもケーキ屋を見つけるとふらふら〜と入ってしまい、思わずシュークリームを頼んでしまうのです。
そして、食いすぎて気持ちが悪くなり、もうしばらくシュークリームはいいかなと思うのですが、また次の日になるとふらふら〜と行ってしまうのです。
もう立派なシュークリーム中毒であります。
でも、日本のとろ〜っとしたとろけるようなカスタードが入ったシュークリームも食いたいなぁ。
| sin | イラン(2) | 18:02 | comments(0) | trackbacks(0) |
| スポンサードリンク | - | 18:02 | - | - |









http://zensin.jugem.jp/trackback/368
(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.


CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS