たびタビ旅
旅日記。中南米、アジアなどの2年4ヶ月半の旅。

<< 像 | main | 相棒 >>

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |


トビリシの同じ宿に泊まっている人に、ヴァルジア遺跡はなかなか良いよという話を聞き、そこの観光の拠点となる町アハルツィへへやってきました。
町から遺跡へは、バスで1時間ほどかかります。
朝7時頃発のバスがあると聞いていたのですが、バスチケット売場で確認したところ、始発は朝10時半だと言う。
ガイドブックを読むと、戻りの最終のバスは15時で、10時半のバスで行くと観光する時間が足りなく不可能ではないが困難であると書いてある。
すると観光するには、タクシーで行くしかない。
タクシーの値段を確認すると60ラリ(約4500円)とか言ってくる。
高い!
いったいどうしたらいいのか。
トビリシからわざわざ5、6時間かけてやってきたのに、このまま見ないで帰るというのも悔しい。
バスターミナル横にとまっている他のタクシーにも尋ねてみる。
すると、ひとりのおっちゃんが40ラリ(約3000円)で行くというじゃありませんか。
おお、高いことには変わりないが、ずい分安くなった。
どうしよう。
しかし、このタクシーのおっちゃん、めちゃくちゃ人の良さそうな顔をしている。
う〜ん、おっちゃん、その笑顔に負けた、行こう!!
3000円なんて金額、日本で飲みに行ったら、すぐなくなる金額じゃねぇか。

そうして、行ったヴァルジア遺跡。
ここは、断崖の側面に6層にわたって造られた、巨大な洞窟修道院と岩窟都市の跡であります。
たくさんの横穴が掘られており、その洞窟同士が横穴によってつながっています。
迷路のようなそこを歩いているだけで楽しく、またそこからの周りの景色も素晴らしい。
そして、観光客は僕だたひとり。
ひとり占めである。
気持ちいい〜。
高い金払ってやってきた甲斐がありました。
しかし、けっこうゆっくり見て回り、かかった時間は2時間半ほど。
これなら10時半のバスで来ても、十分間に合ったな。
騙された〜。
でも、タクシーのおっちゃんも良い人だったし、まっいっか。

泊まった宿は5ラリ(約300円)ほどとすごく安かったのですが、その分、部屋には暖房設備はなく、めちゃくちゃ寒い。
こりゃ早いところベッドに潜り込んで寝てしまおうと思ったのですが、部屋に入ろうとすると同じ宿に泊まっているグルジア人の若い男二人に声をかけられる。
まぁ、一緒にお茶でも飲んで温まろう。
それでは、お言葉に甘えて。
暖かいお茶が冷えた体に美味い。
そして、いつの間にかに、まぁウォッカでもに‥‥。
小さなグラスに注がれたウォッカ。
乾杯の掛け声と共に、一気に飲み干さなければなりません。
胃がカーッと熱くなります。
そして、まぁ、もう一杯。
もう一杯、もう一杯、もう一杯‥‥。
| sin | グルジア | 21:01 | comments(0) | trackbacks(0) |
| スポンサードリンク | - | 21:01 | - | - |









http://zensin.jugem.jp/trackback/349
(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.


CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS