たびタビ旅
旅日記。中南米、アジアなどの2年4ヶ月半の旅。

<< 目指せ、世界遺産! | main | 不審者 >>

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |


サナアの北西15kmの所にあるワディーダハールに日帰りで行きます。
ここの見所は、ロックパレスと呼ばれる岩山の上に立つ建物。
ここは1930年代にイエメンを支配していたイマームの夏の別荘であり、現在は政府の物になっていて、内部を見学できるようになっている。
この建物の敷地内の広場では、ジャンビーアダンスが行われている。
何名かの人が太鼓のリズムに合わせ、ジャンビーア(短剣)を振りかざし踊っている。
プロの人が踊っているというより、お客さんが参加して踊っているといったものなので、それほど踊りのレベルは高くないように思える。
しかし、小さな子供も一緒に踊っていたりして、なんとも微笑ましい。
しばらく見ていると、10人ぐらいの観光客が、太鼓のリズムに合わせて、カンフーの演舞をし始めた。
その集団はほとんどがイエメン人なのだが、2、3人中国人もいる。
多分、カンフーを教える中国人の先生とその生徒たちといったところでしょうか。
その大勢で行うカンフーはなかなかかっこが良く、終わると周りで見ていた人から拍手がでたほどでした。
その後、僕も負けずに空手の演舞を‥‥なんてことはできません。

イエメンを旅していると、よく中国人か、韓国人か、日本人か、と訊かれます。
(ちなみに中国のことをアラビア語で「シン」といいます。僕の名前も「シン」なのでまぎらわしいです。最初、通りを歩いていて、シン、シンと呼びかけられ、なんでこいつら僕の名前を知っているのだと不思議に思ったものでした。)
そして、僕が日本人だと答えると、日本はグッドだ、イエメンとは兄弟だなどと言ってきます。
やはり車や電化製品のイメージが強いらしく、こんな良い物をつくる国はすばらしいに決まっていると思っているようです。
確かに、世界中に日本の製品が溢れかえっているいる状況を考えると、確かに日本ってすごい国だなと思います。

そして、僕が日本人だと分かって言ってくるもう一つのことは、「ブルース・リー」「ジャッキー・チェン」です。
僕に向かって、アチョーとか言ってカンフーの真似事をしてきたりします。
イエメンだけにかかわらず世界中での「ブルース・リー」「ジャッキー・チェン」の知名度の高さには驚かされます。
ジャッキー・チェンはともかく、ブルース・リーなんて死んでからもう何十年も経っているのに。
でも、残念ながら彼らは日本人ではなく、中国人である。
そうイエメンの人に告げると、残念そうに「それでは、ジェット・リーは?」とくる。
それも残念ながら中国人である。
それでは有名な日本人俳優はいるのか?
う〜ん、誰かいるかなぁ。
ワタナベケンと言っても知らんだろうしなぁ。
チバシンイチも駄目だろうなぁ。
う〜ん、困ったもんだ。
求む、世界的日本人アクションスター!!
| sin | イエメン(3) | 01:33 | comments(2) | trackbacks(0) |
| スポンサードリンク | - | 01:33 | - | - |
いつも楽しいブログをありがとうございます。日本はあと3時間くらいで新しい年となりますよ。今地球のどこかで旅しているんでしょうね。素晴らしい年明けとなりましように!来年もブログ期待してます。
| RuRi | 2007/12/31 8:33 PM |
あけましておめでとうございます。
今年は、グルジアでの年越しとなりました。
なかなか賑やかでしたよ。
今年もよろしくお願いします。
| sin | 2008/01/01 9:25 PM |









http://zensin.jugem.jp/trackback/338
(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.


CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS