たびタビ旅
旅日記。中南米、アジアなどの2年4ヶ月半の旅。

<< 酒乱、草乱? | main | 地図 >>

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |


今日は、またタイズから日帰りで、イッブとジブラという町に行く。
イッブという町は、なんの特色のないただの町でしたが、そのイッブから乗合タクシーで15分程山奥に入った場所にあるジブラはなかなか良かった。
シバの女王に次いで2番目の女帝アルクが造ったという町が、11〜12世紀の面影をそのまま残しているのです。
まるで中世の世界に迷い込んだようです。
一人で歩いていても楽しいのですが、途中、年の頃は18才くらいと思われる男の子がガイドをするがどうかと訊いてきました。
イエメンで一番美しいとも言われているアルク女王のモスクの中も見学させてくれるというし、ガイド料も200リヤル(約120円)でいいと言ってきたので、頼んでみることに。
その男の子は、街中を歩きながらいろいろと説明してくれたし、ちゃんとモスクの中にも入らせてくれ、写真も撮らせてくれた。
まあまあ満足したのですが、そのモスクを出る時に、このモスクにお金を寄付してくれときた。
それも500リヤル(約300円)。
やっぱりそうきたかと思ったが、確かにモスク自体は素晴らしいものであったので、払うことにする。
そのお金を彼に渡すと、これをモスクに人に渡してくると言ってモスクの奥に消えた。
しばらくして戻ってくると、「寄付をどうもありがとうって言ってたよ。」と僕に言うが、果たしてそのお金がモスクに渡ったのか、それとも彼の懐に入ったのかは神のみぞ知る。
やっぱり騙されたのかな。
しかし、日本円にするとたったの300円。
日本のお寺に入ったら1000円ほど取られると思ったら安いものだ。
そんな心の切り替えが、旅を楽しみ続ける秘訣でもあります。
| sin | イエメン | 01:47 | comments(0) | trackbacks(0) |
| スポンサードリンク | - | 01:47 | - | - |









http://zensin.jugem.jp/trackback/323
(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.


CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS