たびタビ旅
旅日記。中南米、アジアなどの2年4ヶ月半の旅。

<< 女 | main | エイちゃん >>

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |


再びトゥルムに立ち寄り、そしてチェトマルを経由してベリーズへ入国。
この国は、小さい国ばかりの中米の中でも特に小さく、その国土は日本の四国よりも僅かに大きい程度。
「狭い日本、そんなに急いでどこ行くの」とはよく言いますが、世界を見渡してみると日本はけっして狭くないんですよね。
人は多すぎますけど・・・。
そして、このベリーズ、昔はイギリス領だったこともあり、中南米で唯一英語を公用語とする国なのです。
ですから、入国審査の時ももちろん英語で質問されます。
もちろん英語はスペイン語よりは、よく理解もでき、話すこともできるのですが、久しぶりの英語になにやらドギマギしてしまい、しどろもどろで支離滅裂な受け答えになってしまいました。
何回国境越えをしても成長しない僕であります。

そして、このベリーズ入国には、ビザ代で50ドルも取られるのです。
50ドルという金額の出費も痛いのですが、何が腹が立つかっていうと、それは大半の欧米諸国のツーリストはビザが必要がないのに、日本人だけいるということなのです。
ですから、他の国の人々が簡単にスタンプを押してもらって抜けて行く中、僕は横でしばらく待たされます。
金は払わさせられるは、時間はかかるは、何でこんな目に遭わなきゃならんのだ。
しかし、滞在日数などを尋ねられた後、なんとか無事入国スタンプを押してもらえました。
そして、イミグレの兄ちゃんは、「さようなら」と日本語で見送ってくれたのでした。
それだけで、少し機嫌の良くなる単純な僕でした。

再びバスに乗り込み、20分ほど走るとコロザルという小さな町に到着します。
今日は、ここに泊まることにします。
宿を探して町を歩いていると、メキシコではほとんど見かけなかったアフリカ系の黒人の姿をたくさん見かけます。
これは、イギリス領だった頃に労働力としてジャマイカから黒人が連れられてきた名残りなのです。
違う国に来たのだという実感が湧いてきます。
そして、町には何故か酔っぱらいが多い。
今日は、平日だというのに。
ベリーズは治安の良い国と聞いていたのだが、違うのか?
国境の町だからなのか?
少し不安になります。
しかし、しばらくするとその謎はあっさりと解けました。
今日は、ベリーズの独立記念日だったのです。
そのため祝日になっており、みんなで昼間から酔っ払っているのです。
ベリーズは、今年で26才になりました。
おめでとう!
まだまだ若いぞ!!
もちろん僕よりもね・・・。
| sin | ベリーズ | 06:27 | comments(0) | trackbacks(0) |
| スポンサードリンク | - | 06:27 | - | - |









http://zensin.jugem.jp/trackback/282
(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.


CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS