たびタビ旅
旅日記。中南米、アジアなどの2年4ヶ月半の旅。

<< ボリビアへ | main | ルチャリブレ >>

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |


いよいよボリビアの事実上の首都ラパスにやってまいりました。(憲法上の首都は最高裁判所があるスクレなどですが、政府機関はすべてラパスにあります。そんなことなら憲法も変えればいいと思うのですが、どこかの国と一緒で憲法というのはなかなか変更しにくいものなんでしょうか。)
ここは、首絞め強盗、唾かけ強盗、タクシー強盗などなど数多くの旅人たちがその餌食となってきた物騒な場所。
また、盆地にあるこの町は、車の排気ガスが溜まってしまっていて、空気もとても悪い。
しかし、その反面、物価も安く、物もそろっていて、滞在するにはなかなか居心地の良い場所。
そのため、これまた数多くの旅人たちが、何をするでもなくだらだらと長期滞在してしまうと言う、いわゆる沈没という状態に陥ってしまっています。

そんなラパスに夕方5時半頃到着しました。
宿にチェックインしてまず向かうは「レストラン ケンチャン」。
そう、日本食レストランです。
このレストランの噂は南米中の日本人旅行者に広まっていて、ラパスに来たら是非行けと言われています。
よって、ちょっと前からラパス=ケンチャン、ラパス=ケンチャンと僕の頭の中で渦巻いていたのでした。
そんな訳でいてもたってもいられずケンチャンへ。
注文したのは、僕が海外の日本料理屋で必ず食べると言っていい、カツ丼。
値段は、日本円で500円以上しますが、そんなことは関係ない。(ちなみに町の普通のレストランで食べれば、150円も出せば普通の食事を食べることができます。)
出てきたカツ丼は、日本で食べる物と比べても全く劣ることない、まさしくカツ丼。
味噌汁なんぞもついてきやがります。
美味い、美味い、美味い。
う〜ん、おいしゅうございました。
ごちそうさまです。
こりゃ、みんな沈没もするってもんです。
| sin | ボリビア | 05:33 | comments(0) | trackbacks(1) |
| スポンサードリンク | - | 05:33 | - | - |









http://zensin.jugem.jp/trackback/231
インターネットビジネスはまだ稼げます!
あなたも流行の情報起業をしてみませんか?初期投資ゼロ!副業可能!たくさんの主婦、サラリーマン、学生が不労所得を獲得しています。月収10万程度ならほんとうに誰もが簡単に実現可能です。今ならA4サイズ30枚のレポートを無料進呈中!
| インターネットビジネス実践会 | 2007/07/05 6:09 AM |
(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.


CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS