たびタビ旅
旅日記。中南米、アジアなどの2年4ヶ月半の旅。

<< ミャンマーいいとこいちどはおいで | main | 飛行機 >>

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
はい、おまたせしました。
恋愛話です。
告白されちゃいました。
相手は…

60歳くらい。
しかも…

男。

僕はもてるんです。
残念ながら男になんですが。
ベトナム、ラオスでも告白されましたね。
5年前、ラオスでは薬草サウナの中で若いラオス人に太ももを擦られながら「I LOVE YOU」って言われましたね。

今回のおっちゃんとは夜、飯を食べていて知り合いました。
いろいろ話をしているとどうやら僕が泊まっている宿の近くに住んでいるみたいで、食べ終わり一緒に帰ることにしました。
すると家に来ないかと誘われたので、ミャンマー人はどんな所に住んでいるのかっていうことに興味もあったので行くことにしました。
「ドント ウォリー、ドント ウォリー」ってむしょうに言うのが少し怪しいなとは感じでいたのですが…
家に入ると、しばらく話した後イスに座るように勧められました。
そして、彼はドアを閉め鍵を、ガチッ、と閉めました。
妖しげな目で僕を見たような気がしたのは気のせいではなかったでしょう。
僕の横に座り、そしてノートとペンを手に筆談してきました。
彼は、文章ではきれいな英語を書くのですが、話すとなると何を言っているのか分からない発音をするのです。

最初は、名前やら住所を聞いてきました。
そして、ついに「I LOVE YOU」。
その下には、「yes or no」
もちろん「no」にはっきりとアンダーラインを引きました。
そして、「I LOVE WOMEN !!]と。
すると彼は「we love men to men」と。
僕が首を振ると、彼は少し悲しそうに首を振り、
今度は「I want smoking」と。
僕はもちろんと、机の上に置いてあったタバコを指さした。
でも、彼はもう一度「I want smoking」と。
そうしながら艶かしい視線で僕のあそこを指さしました。
ああ、そういうことか!!
そんな意味あったのか。
ははははは。
もちろん断り帰ることを言うと、彼はすぐにドアを開けてくれました。
そして、別れの握手をして部屋を出ました。
別れ際、最後にあそこを一掴みされましたがね。
ははははは。

あ〜あ〜、もう男はいいよ。
可愛いミャンマー人の女の子に告白されたいなぁ。
待ってます。




| sin | ミャンマー | 16:17 | comments(4) | trackbacks(0) |
| スポンサードリンク | - | 16:17 | - | - |
ギャハハハ〜おモテになるのね
一度思い切ってあちらの世界を覗いてみれば・・?
やめられなくなるそうですけど!
ミャンマーの女の子となんかあったら、報告してね〜
| MIKI | 2006/07/18 10:26 PM |
あっちの世界。
いいらしいですね。
よく女に飽きた人も行くみたい。
僕もいつかは…
無理ですよ〜。
| sin | 2006/07/21 6:19 PM |
そんな事があったんだ!(^^;)
| mikeneco | 2006/08/05 12:04 AM |
残念ながら、ミャンマー人の可愛い女の子とはなんもなかったっす。
| sin | 2006/08/05 2:38 PM |









http://zensin.jugem.jp/trackback/21
(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.


CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS