たびタビ旅
旅日記。中南米、アジアなどの2年4ヶ月半の旅。

<< 長寿 | main | アジアの香り? >>

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |


エクアドルを後にして、南米9ヶ国目ペルーに向かうことに。
エクアドルとペルーの国境と言うと、西側の海岸に近い方がメジャーなのだが、今回はビルカバンバからそのまま南へ下り、スンバという町を通りラバルサという所の国境を抜けることに。
しかし、「地球の歩きかた」はもちろんのこと「ロンリープラネット」にも、この国境の越えかた、及びその付近の町の事に関してはほとんど記述がなく、情報が少ないのでちょっと心細い気もします。
まぁ、行けば行けばで何とかなるもんですけど。

朝6時半発のバスに乗り、まずはスンバに向かいます。
そのバスの中でイギリス人のグラハムと一緒になります。
話をしたところ、彼も僕と同じルートを行くようです。
旅の頼もしい道連れができました。
彼の持っているガイドブック「フットプリント」には今回の国境超えについてけっこう詳しく載っていました。
ほうら、何とかなるもんでしょう。

スンバには11時半位に着きましたが、次のバスの乗り換えに3時間も待ったので、結局国境に着いたのは、4時になっていました。
ここの国境はただ橋が一本あるだけで、ようこそペルーへ!や、また来てねエクアドル!みたいな看板もなく、そっけないものです。
国境につきものの、両替のおっちゃんもいません。
ペルーの入国スタンプをもらおうと事務所みたいな所に行きますが、そこには誰もいません。
しばらく捜して付近をうろうろしますが、見つかりません。
どうしたらいいものかと悩んでいると、遠くから兄ちゃんが走ってきました。
どうやら彼がイミグレの係員みたいです。
あんまり人が来ないから、ずっと事務所にいる必要も無いんでしょうね。
いったい一日何をして過しているのでしょうか。
そんなこと、ふらふらと旅を続ける僕に言われたくはないってもんでしょうかね。

国境からは一番近くの大きな町サンイグナシオンまで乗合タクシーで移動。
しかし、このタクシーの運ちゃん、少しでも稼ぎたいのか、とにかく乗客を詰め込みます。
最初は4人ほどであった乗客も、最後には助手席に2人後部座席に4人と合わせて6名にもなっていました。
乗客には子供はおらず、大人のみです。
やってられねぇ。
こんなにいっぱい乗せるんだったら、少しは料金をまけろよと主張しても、勿論まけやがりません。
それでも、なんとか夜7時に到着。
今夜はここで一泊します。
ホテルにチェックインするとすぐに併設されたレストランで、グラハムと飯を食べます。
もちろん、ペルーのビールで乾杯!!

やってきました、ペルーです。
| sin | ペルー | 08:21 | comments(0) | trackbacks(0) |
| スポンサードリンク | - | 08:21 | - | - |









http://zensin.jugem.jp/trackback/204
(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.


CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS