たびタビ旅
旅日記。中南米、アジアなどの2年4ヶ月半の旅。

<< ビール | main | ぬるぬるーん >>

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |


カルタヘナの近くにあるロサリオ島とプラヤブランカと言う綺麗なビーチを巡る日帰りのボートクルージングに参加。
日曜日のためか、大勢の家族連れやカップルが参加しており全員で100名ほどもいるでしょうか。
一人で参加は僕くらいか・・・。
だからビーチは嫌なんだよー。

ボートは9時前に港を出発。
天気も良く、最高のビーチ日和と言っていい。
もちろんデッキで体を焼いている人もいる。
途中、船内にアナウンスが入り、「右に見えますのは・・・」「左に見えますのは・・・」なんて言っている。
その声に合わせ、みんな右を見ては写真を撮り、左を見ては写真を撮り、賑やかに騒いでいる。
僕はなんと言っているのか分からないので、みんなに合わせ右見たり左見たり。
海は穏やかで、船もほとんど揺れず快適だが、一向に島に着かない。
いい加減、海を見るのも飽きてくる。
そして、3時間経ってようやく島に到着。
特にどうってことのない島だが、小さな水族館がある。
ここは別料金だが12000ペソ(約700円)払って入ってみることに。
水槽に魚を泳がす普通の所とは違い、島の周りの浅瀬に囲いをしてその中に魚を泳がしている生簀のような水族館。
全くと言って期待していなかったのだが、これが意外に良かった。
見たこともない変わった鮫や、これまた見たこともないかなりでっかい変わった魚が泳いでおり、係員が説明をしながら餌の小魚を放り投げるのだが、それを食べる姿を見ているだけで楽しい。
イルカのショーも見せてくれて、敷地が狭いだけあって間近にその姿を見ることができて中々の迫力。
700円の価値があるかどうか分からないが、満足だ。

水族館の後、再びボートに乗りこみ、次はプラヤブランカを目指します。
時間は12時半を回っており、太陽は天辺から照りつけ、気温もどんどん上昇していく。
しかも、風も全くない。
ここまで暑いと、天気が良いぞ〜やったーなんて喜んでいる場合じゃなくなってくる。
体を焼く人も少なくなり、みんな日陰へ避難。
午前中とはうって変わって口数も少なくなり、船内は静かになる。
横にいる小さな男の子はお母さんにぐったりと寄りかかり、目も半開きで虚ろ。
おい、この船は難民船かー?

1時間半後、誰一人犠牲者を出すこともなく、プラヤブランカに到着。
ようやく昼飯にありつけます。
しかし、大人数のためかなりの時間、立ったまま待たされます。
俺らは、食事の配給を待つ難民かー!!
ビーチは確かに、水の透明度も高い綺麗な場所でした。
でも、僕はもうそんなことはどうでもいい。
早く町に帰してくれー。
| sin | コロンビア | 00:37 | comments(4) | trackbacks(1) |
| スポンサードリンク | - | 00:37 | - | - |
前回の日記にビールをごちそうしてくれるようなことが書いてあったけど、遠い日本の地でノドをカラカラにして待っています。
ハカ子はSinちゃんも知ってるとうりビールが大好きなんです。生中2杯といわず思いきりガンバって飲ませて頂くので帰国の折にはどうぞよろしくね。では良い旅を。
| ハカ子 | 2007/04/20 1:15 PM |
ハカ子さんに頑張って飲まれると、とうてい僕の財力では無理でーす。
生中10杯位ですか?
| sin | 2007/04/21 2:20 AM |
僕にもお願いします。
あまり飲めるほうじゃないんで安心してください。
| seijiro | 2007/04/21 5:05 PM |
みんなまとめてこーい。
って言うのは嘘です。
もう勘弁してくださーい。
| sin | 2007/04/22 1:48 AM |









http://zensin.jugem.jp/trackback/180
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/04/21 1:10 AM |
(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.


CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS