たびタビ旅
旅日記。中南米、アジアなどの2年4ヶ月半の旅。

<< ビーチを目指して | main | ボートクルージング >>

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |


サンタマルタから西へバスで4時間ほど走った場所にあるカルタヘナと言う町に来ています。
500年ほど前からある古い町で、海賊などの攻撃から守るために作られた防壁に取り囲まれた旧市街には、昔ながらの古い建物がたくさん残っており世界遺産にもなっています。
また、近郊には、美しいたくさんの島やビーチがあり、観光客が押し寄せる条件は充分に整っているのです。
そんな町をうだるような暑さの中、歩いているとたくさんの人に声を掛けられます。
宝石店などの店の呼び込み、自称ガイドや闇両替の怪しいやつら。
こんな雰囲気久しぶりです。
と言うより南米に来てから初めてかもしれません。
しかも、片言の日本語を話す者もいます。
この町に来てから日本人を一人も見かけてはいないのですが、実はたくさんの日本人観光客がいるのか。
不思議だ。

夕方から、この町に住んでいるロストシティーツアーで一緒であったチェコ人の留学生バーバラと再会。
飯を食べ、町を案内してもらいます。
日の沈んだ町は、昼間の暑さが嘘の様に、涼しく、気持が良い。
観光客を乗せた馬車も走り始め、広場では大道芸人達が技をひろうし観光客から金を集め、街灯に照らされた街並は昼間とは違った顔を見せます。
町をしばらく歩いた後、サルサの音楽が流れる路上に椅子と机を並べた店で、ビールを飲みます。
どの国も、必ず自国のビールを持っています。
それぞれの国で、それぞれの風に吹かれながら飲む、それぞれの国のビール。
最高です。
コロンビアには普通の350mlの缶のもあるのですが、300ml入りの瓶のものが多い。
量が少ない方が微温くなるうちに飲めることができて良い。
ベネズエラには、220mlの瓶入りビールがあった。
これは気軽に飲むことができて本当に良かった。
しかも、値段も30円位と格安。

一度、あるバーで旅行者が10人程集まって飲んでいた時のこと。
そこでも220ml入りのビールを飲んでいたのだが、気前のいい人はみんなの分みたいな感じで、5、6本まとめて買ってくる。
その内、ちょっと年配のおっちゃんが、カウンターから30本ほど入ったケースごと持って来て、それをテーブルの上にドン!と置く。
「みんな飲んでくれ!」
すげー気前がいいーかっこいいーと思うが、よく考えると全部足しても日本円で1000円もいってないんだよね。
日本で言うと、生中2杯分くらいか。
「みんな、俺の奢りだ、飲んでくれ!」
日本でも一回でもそんなこと言ってみたいもんです。
生中2杯だけだけど・・・。
| sin | コロンビア | 00:22 | comments(0) | trackbacks(0) |
| スポンサードリンク | - | 00:22 | - | - |









http://zensin.jugem.jp/trackback/179
(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.


CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS