たびタビ旅
旅日記。中南米、アジアなどの2年4ヶ月半の旅。

<< 追いうち | main | ハッピーバースデー >>

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |


昨晩まであった熱も朝起きるとどうにか下がっていました。
いつまでもぐずぐずしていることもできないので、移動することに。
目指すはビーチのある街ナタル。
移動時間もバスで4時間ほどと病みあがりの体にも優しい程良い長さ。
まず、朝8時に宿を出て、メトロに乗りバスターミナルに向かいます。
9時過ぎに着き、さっそくナタル行きのバスチケットを買おうとします。
するとバスは9時に出発したばかりで次の便は11時までないとのこと。
2時間近くも待たなければならない。
ついてない。
しかも、バス代は4時間あまりの乗車時間にもかかわらず50レアル近くもしやがる。
サルバドールからレシフェの14時間あまりのバスでも100レアルしなかったのに。
おまけに乗ったバスは空調もあまり効かなくなんのサービスもないおんぼろバス。
いったいどうなっているんだ。
ナタルには予定より少し遅れて4時くらいに到着。
ナタルのバスターミナルは町の中心部の南およそ6キロの位置にあるため、そこから市バスに乗らなければなりません。
バスターミナル横のバス停で、バスを待っている人たちに セントロ行きのバスを教えてもらい乗りこみます。
乗りこむ時に運転手にしっかり行先を確認して、運転手の目の届くすぐ傍に座ります。
ブラジルの運転手、車掌はすごく優しい人が多くて、行先を確認しておくといつも目的地に着くと降りるように指示をしてくれるのです。
中には、間違いが無いよう自分のすぐ横の席に座るように言って くれる人までいます。
今日もそのようにした訳です。
6キロ程の道のりなので15分もすれば着くかなと思っていたのですが、なかなか着きません。
運悪く遠回りするバスに乗ってしまったのかななどと考えてしまいます。
しかし、時間はどんどんと過ぎ40分以上経過しました。
これはいくら何でもおかしいと思った時、バックミラー越しに運転手と目が合いました。
その瞬間、運転手はしまったというような顔をして、おでこを手で叩き天を仰ぎました。
どうやら僕のことを忘れていたようですね。
まぁ、ついてない時はこんなもんです。
結局ルートを一回りして目的地に着いたのは1時間半後の6時でした。
わずか1.6レアルで1時間半の乗車。
もしかして得をしたのかな?
バスを降り今度は歩いて宿に向かいます。
だいぶん北に上ってきていて、また秋が近づいて来てることもあり、太陽はすでに沈んで外はもう真っ暗です。
初めての町を暗い中、重い荷物を背負って歩くほど心細い事はありません。
道に迷い歩くこと15分あまり、目的の場所 に到着しました。
しかし、どうもおかしい。
宿らしいものがないのです。
すると近くにいたおじちゃんがなにやら話しかけてきます。
なんと宿は潰れてしまったらしい・・・。
なんてこったい。
仕方がないので、そこからまた20分ほど歩き次の宿へ。
値段を尋ねると一泊50レアルと言うかなりお高い値段。
ガイドブックに載っている値段のおよそ3倍になっています。
いったいどうなっているのだ。
泣く泣く、再び重いバックパックを背負い歩き始めます。
ついてない時はついてない。
人生こんなもんです。
| sin | ブラジル(3) | 05:53 | comments(0) | trackbacks(0) |
| スポンサードリンク | - | 05:53 | - | - |









http://zensin.jugem.jp/trackback/153
(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.


CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS