たびタビ旅
旅日記。中南米、アジアなどの2年4ヶ月半の旅。

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |


ハバナに戻ってきました。
最初にメキシコのカンクンから来た時は、ワクワクドキドキと少し緊張したものですが、2回目ともなるとなんとなくほっとした気分になるのが不思議です。
今日は、前回見ていなかった革命記念広場やジョンレノンパークなどを歩いて観光します。
そして、夜はそのまま中華街に。
値段は少し高いものの、久しぶりの野菜炒めが美味い。
旅をしていると外食ばかりになるので野菜を食う機会が減ってくるのですが、そんな野菜を手軽に摂取できる中華料理ってすごくありがたい存在です。
そんな中華料理を今夜も堪能したのですが、会計の時にトラブルが発生します。
請求された金額が、明らかに高すぎる。
おかしいと指摘すると、目の前に電卓を持ってきて再度計算するのですが、その打ち込む金額がどうも変だ。
そして、でてきた合計金額はやっぱり高すぎる。
やはりおかしいと言うと、またまた電卓に数字を打ち込むがやはりデタラメな金額だ。
いい加減頭にきて、自分で紙に食べた料理と金額を書き出し計算すると、やっとこさしぶしぶ正確な金額を出してきた。
ほんとむかむかと嫌な気分になります。

キューバを旅してきてこれだけ露骨で積極的なボリは初めてです。
釣り銭をごまかされるということは何度かありましたが(釣り銭を間違えて渡されることが余りにも多いのでキューバ人は計算が得意ではないのかと思った時もありましたが、よくよく考えてみると少なく渡されることはあっても、多く渡されることはけっしてありませんでした。)、こんなに露骨にしてくるのは中華系であるからでしょうか。
キューバと中国、両方とも社会主義の国なのですが、国民性の違いなのか二つの国には大きな違いのようなものをいくつか感じます。
例えば、なにか物を買う時、社会主義国では売り手に愛想のようなものを期待してはいけません。
そりゃ、売れようが売れまいが、働こうか働かまいが収入が変わらなけりゃ、やる気もでないってもんです。
笑顔なんてもったいなさすぎて、浮かべてなんていられません。
ひと昔前の中国では、物があっても売ってくれない、部屋が空いていても泊まらせてくれない、なんてことは日常茶飯事であったようです。(現在ではお金を稼げや稼げで、全く変わっているようですが。)
キューバでも店に入っても、笑顔なんてものは見せてくれません。
それどころか、面倒臭そうな顔を見せる始末です。
しかし、こっからが違うのです。
しばらく話などをしていると、仕方ねぇなぁみたいな感じになってきて、しまいには笑顔まで見せてきて、いろいろと親切に教えてくれたりまでするのです。
なんか人の良さがにじみ出るって感じがするんですよね。

そして、中国とキューバで一番違うことは、列というものに対する考え方です。
中国では列に割り込むことは当たり前で、順番を待つというモラルがなく、ほんとイライラさせられます。
しかし、その一方キューバ人は列にきちんと並ぶのです。
それも世界に誇るべきシステムを持っているのです。
もし人が並んでいる場所に行くとします。
するとまず「ウルティモ?」(最後は?)とそこにいる人達に呼びかけるのです。
するとそこにいる人の中で最後尾の人が「ヨ!」(私)と答えるので、その後ろに並ぶことになるのです。
これはすごいルールだと思いませんか?

また、大の大人がそんなことをしているのが、なんかすごくユーモラスなのです。
だからそれを見たさに、誰が最後尾か分かっているのについつい「ウルティモ?」なんて言っちゃたりします。
ある時アイスクリームを買うのに並んでいる時に、またまた「ウルティモ?」て聞いちゃいました。
するとそこにいる70才くらいの人の良さそうなおじいさんが、すごく恥ずかしそうにもじもじと手を上げるのでした。

う〜ん、可愛すぎるぞ、おじいちゃん。
| sin | キューバ(2) | 12:52 | comments(0) | trackbacks(0) |


いよいよキューバの旅も終わりに近づいてきました。
2週間という期間は思ったより短く、欲を言えば後1週間くらい滞在したいくらいです。
キューバの何が良かったのかと言うと、それは一重にキューバ人の人の良さ、フレンドリーさにつきます。
社会主義国であるため個人の自由は大きく制限されており、また経済状態もけっして良いとは言えず物資は極端に不足しています。
そんな状況で、何故こんなにも明るいのでしょうか。
生まれ持った国民性というものなのでしょうか。
もっとも、あくまでもこれは旅人の目から見た表面上のことで、実際はもっと大きな問題も抱えていることでしょう。
しかし、世界中を旅してきていろいろな国を見てきましたが、自由があるはずなのに暗いどんよりとした目をした人々がたくさんいる所もありました。
アメリカはキューバを悪の根源のように言いますが、果たしてそんなに悪いのか。
アメリカが支援する政権のある国で、より人々が辛い生活を送っている所がたくさんあるではないか。
僕は、決して自由のないキューバには住みたいとは思いませんが、民主主義でありながら貧しく人々が虐げられている一部の国と比べれば良い所もあるじゃないかとも思います。
治安に関しても全く問題がなく、夜中でも安心して歩けるくらいです。
強盗が多発する中南米諸国とえらい違いです。
いったい何が正しくて何が間違っているのか‥‥。
一概には言えない事だと思います。

今日は、旧市街を中心に歩き、革命記念博物館などを見学。
前に食べて美味しかったアイスクリームも食いに行きます。
やはり美味い。
夜は、再び中華街で飯を食べた後、10時過ぎに泊まっているホテルの近くにあるジャズクラブへ出かけます。
キューバでジャズと言うとあまりポピュラーではないように思われますが、ピアノやドラムやベースの他に、コンゴが一緒に演奏されるのがキューバらしい所か。
地下にある薄暗い店内で、カクテルを片手にジャズ鑑賞。
キューバ最後の夜としては、なかなかのもんじゃないでしょうか。
そして、キューバと言って忘れてはならない物。
そう、葉巻。
昼間買った1本1000円ほどもする最高級のものを取り出します。
吸い口を破り、口にくわえ、火をつける。
暗闇の中、葉巻の燃え口が赤く輝き、辺りに甘い香りが立ち込めます。
これぞ、キューバ。
これぞ、大人の夜。
もしかして、俺ってかっこいい?

ゴホゴホゴホ。
普段タバコは吸わないもんで‥‥。
| sin | キューバ(2) | 13:13 | comments(0) | trackbacks(0) |
(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.


CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS