たびタビ旅
旅日記。中南米、アジアなどの2年4ヶ月半の旅。

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |


朝5時にニカラグアの首都マナグアに向かってバスは出発。
中米の諸国の大都市間を結ぶ国際バスだけあって、バスも綺麗で座席もゆったりしています。
おかげで、ぐっすりと眠ることができました。

バスの横の席には、ホンジュラス人のおばちゃんが座っていたのですが、この人の旦那は日本人らしく、今はコスタリカに住んでいるらしいのですが、昔、日本でも暮らしたことがあるらしいのです。
ほとんど日本語ははなせないのですが、僕がなにか困っていないかといろいろと気を使ってくれました。
国境を越える時に手数料を払う必要があったのですが、僕はあいにく細かいお金の持ち合わせがなく困っていると、そのおばちゃんが僕の分も出してくれました。
後で、返そうとすると、そのおばちゃんは、いいからいいからと受け取ってくれませんでした。
親切が身にしみます。

マナグアには、夕方4時頃に到着します。
ここに一泊して、明日の早朝にはコスタリカに向かいます。
何故ここでもっとゆっくりしないのか。
時間がないということはもちろんですが、それほど見所はなく、そして何よりも危険だということが大きな理由です。
中米は、治安の悪い場所が多いのですが、特にこの町は旅行者にとって危険だということで有名です。
南米を何事もなく旅してきた人も、ここで強盗に遭っているという話もよく聞きます。
それも夜だけでなく、まだ明るい夕方から襲われているみたいなのです。
特に安宿が集まるバスターミナル周辺が危ないと言うのだから、たまったもんじゃありません。

僕は、どうせ一泊だからと、少し高いもののバスターミナル内にあるホテルに泊まります。
部屋に入り、さてこれからどうしようかと考えます。
このままずっとホテルにいても良いのですが、全く街を見ないというのも悔しい気がします。
なので、貴重品は全て宿に置いて、ハガキを出すために郵便局に行くがてら街をちょっと歩いてみることにします。
あまり細い道に入らないように、なるべく大通りに沿って歩きますが、確かに人々の顔の表情も暗く、雰囲気はあまり良くないように感じます。(先入観を持っているからかもしれませんが。)
そして、30分ほど歩いて6時過ぎにたどり着いた郵便局。
閉まってました……。
ガイドブックには7時までやっていると書いてあったのに。
仕方がないので、あきらめてホテルに戻ろうとすると、雨が降り始めました。
残念ながら、傘は持ってきていません。
しばらくの間、バス停の軒下で雨宿りします。
それにしても、雨はよく降ります。
まさにどしゃ降りです。
まっ、すぐ止むだろう。
が、15分経っても止みません。
いつまで待てばいいのやら。
あんまり遅くまで街をうろつきたくはありません。
そして、一瞬雨が小降りになりました。
今だ!!
小雨の中を駆け出しました。
すると、それにあわせるように、雨は、強く、強く…。
あっという間に服はぐしょぐしょ。
道路は川のようになっています。
ポケットに入れておいたガイドブックは、水を吸い2倍くらいの太さに膨れあがっています。
ここまで濡れちゃぁ、雨が降っていようが、止んでいようが関係ねぇ。
もっともっと降りやがれ〜!!

途中、夕食を食べて、ホテルに戻ります。
あっついお湯のシャワーが気持ち良いです。
あっ、そう言えば別に襲われることもなしに、無事戻ってくることができたな。
雨が降って、悪い奴らもみんな、雨宿りかな。
| sin | ニカラグア | 04:27 | comments(0) | trackbacks(0) |
(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.


CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS